logo

リクルート、『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート グリーが構築する「Unity」「Adobe AIR」開発環境とは


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク


■コンシューマからソーシャルゲームへ跳躍を促す
グリーが構築する「Unity」「Adobe AIR」開発環境とは

Webアプリやコンシューマゲームの経験者が続々とソーシャルゲーム開発に参入している現在、彼らの技術シフトを加速するのは「Unity」「Adobe AIR」など、ネイティブアプリの経験がなくてもスクリプトが書け、複数のスマートフォンOSに対応できる開発エンジンの整備です。
その最先端の現場であるグリー開発本部のエンジニア、芳賀洋行氏とレンス・ヴェルステゲン氏に『Tech総研』編集部は直撃インタビューしました。

ハイエンド3Dグラフィックスソフト「Maya」の開発に関わってきたエンジニアの芳賀洋行氏。世界のゲーム業界の動きを、アプリケーションエンジニアとして開発現場をよく知っている芳賀氏にUnityのどこが優れているのかを聞いてみました。

1)拡張性が高い
Unityはそのままでも使えますが、自社のゲーム開発環境に合うような拡張も自在にできます。スマートフォン向けの「GREE SDK」を拡張するにもプラグインを書くだけでいい。C、C++だけでなく、C#、JavaScriptでも拡張ができます。

2)ユーザーベースが大きい
昨年春の段階で全世界に50万人の利用者がいました。ブログで情報を発信するエンジニアも多いし、コミュニティの活動も活発で、ハッカソン的なイベントもよく行われています。これだけの蓄積があれば、大体の“地雷”は除去されている。安心して開発に取り組むことができます。

3)すぐに使える
インストールや設定が簡単。誰もがすぐに使い始めることができる。スタンダードのバージョンは、無料で使えます。ゲームに必要な音声、グラフィックスの使い方もスムーズ。PCやMac上でほとんどの開発が完了し、オーサリングしながらプログラミングが行える。
しかも一つのプログラムソースで、Android、iOS、Windows Media Playerなど複数のデバイス向けにアプリを開発できます。


本レポートでは、開発フレームワークのアーキテクチャ設計での苦労点、「Adobe AIR」採用の理由などに
ついても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク



▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートについて
リンク


◎『Tech総研』概要

エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。