logo

ラリタン、データセンタ向け「資産」「環境」管理ツールの提供開始

データセンタインフラ管理 (DCIM)ソリューションのモジュールとして、 ITアセットの追跡管理やDCの環境監視を容易に

ITインフラ管理のリーディングサプライヤーであるラリタン(本社:米国ニュージャージー州サマセット、日本法人本社:ラリタン・ジャパン株式会社、東京都港区、以下ラリタン)は本日、データセンタ向けITアセット管理ツール「AMT/AMS」と環境管理のスマートラックコントローラ「EMX」の販売を開始したことを発表します。

ラリタンのITアセット管理「AMT/AMS」は、ITアセットの追跡管理が行えるインテリジェントなツールです。ユニークなIDチップとバーコードを持った電子IDタグ「アセットマネジメントタグ(AMT)」を、読み取りセンサである「アセットマネジメントセンサ(AMS)」に取り付けると、ITアセットの位置情報が、変更も含めてリアルタイムで管理できます。従来のExcel®やVisio®といった台帳によるアセット管理は手間がかかるうえ、機器の移動や変更を少しでも見落とすと、正確な数量や設置場所の把握が困難でした。AMT/AMSはアセット管理に関するこうした煩雑なプロセスを自動化し、正確かつ効率化します。

また、スマートラックコントローラ「EMX」は、ラック周りの環境監視を行うIPベースのアプライアンスです。温度、湿度、気流、気圧、煙、水、ドアの開閉やWebカメラの映像、さらにはAMT/AMSからの資産情報といった各種情報を収集、管理します。EMXが収集したデータを基に、冷却システムの見直しや設備の再配置を行うことで、データセンタの省エネを推進することができます。

今後ラリタンではラックに様々な監視機能を与える「スマートラック」をコンセプトに、データセンタ内の電力、エネルギー、資産、変更、キャパシティ、環境といった多彩な情報を包括的に管理するデータセンタインフラ管理(DCIM)ソリューションを拡充してまいります。

● ITアセット管理の特長
ラリタンのITアセット管理ツールは、タグとセンサで構成されています。

アセットマネジメントタグ(AMT)
1)ラック周りのメタリックな環境での使用を考え、ユニークIDを持ったバーコード付電子IDタグを採用
2)ITデバイスには物理的にシールで接着

アセットマネジメントセンサ(AMS)
1)ラックに磁石で取り付けられ、設置が非常に簡単で、場所もとりません
2)モジュール形式で、ラックに合わせた長さで調整・設置が可能です

動作方法
SNMP通信可能なデバイスと連携します。ラリタンのDominion PX2シリーズ(*1)やEMX、あるいはサードバーティ製のITアセット管理ツールにも対応できます
(*1)Dominion PX2シリーズは近日発売予定

価格: ¥112,000~(市場想定価格)


● スマートラックコントローラEMXの特長
様々なセンサやデバイスの接続をサポートし、包括的な環境監視を支援します。

EMXに接続可能なセンサ、デバイス:温度、湿度、気圧、煙、水、ドアの開閉、Webカメラ、資産情報

動作方法: エネルギー管理ソフトウェアPower IQ®またはサードパーティ製データセンタ管理ツールにそれぞれ情報を提供できます

価格: ¥60,000~(市場想定価格)

詳細はWebサイトをご覧ください。
●ITアセット管理 AMT/AMS
リンク
●スマートラックコントローラ EMX
リンク

ラリタン(Raritan.com)について
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンタに適した電源管理、KVM、シリアルソリューションで豊富な実績を誇るITインフラ管理のリーディングサプライヤー。ラリタンの製品は世界5万ヶ所以上の施設で使われており、電源効率の改善、データセンタ生産性の向上、遠隔拠点業務の強化に必要な制御機能を提供しています。米ニュージャージー州サマセットに本社を置くラリタンは、世界各地にオフィスを置き76ヶ国に製品を供給しています。詳しくはウェブサイト (Raritan.co.jp)をご覧ください。
※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

アセット管理のイメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

<報道関係者様問い合わせ先>
ラリタン・ジャパン株式会社 担当:吉田
URL: リンク
電話: 03-5795-3170(代)
E-mail: marketing.japan@raritan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。