logo

アカマイ、数時間で実装可能な新しいセキュリティソリューションを発表

アカマイ・テクノロジーズ・インク(日本法人:アカマイ・テクノロジーズ合同会社、東京都港区、職務執行者会長:小俣修一、以下「アカマイ」)は本日、数時間で実装可能なアカマイの新セキュリティソリューション、「Akamai Kona Site Defender」を本日より提供を開始します。本ソリューションは、当社がDDos攻撃およびウェブアプリケーション保護に関する先進技術をベースに開発されたもので、アカマイの配信サービス利用の有無に関わらず、お客様のDNSサーバーの書き換えのみで実装が可能です。Kona Site Defenderは、世界規模で展開するアカマイ独自のクラウド・ネットワーク、「Akamai Intelligent PlatformTM」と連携して、リアルタイムのセキュリティ監視、適応レート制御およびその他の強力な機能を提供し、ハクティビストなどによって引き起こされ、加速的に増加・多様化・大規模化する攻撃からお客様のウェブアプリケーションや、関連するデータ資産を保護します。

Kona Site Defenderが提供する新機能は次の通りです。

■高度なリアルタイムセキュリティ監視:
Kona Site Defenderは、セキュリティの専門家に対し、リアルタイムのモニタリング機能と攻撃アラート分析機能を提供し、攻撃元、攻撃先、攻撃宣言を誘発した防御機能、およびサイト防御に起因するリクエストの特徴などに関する詳細情報を収集します。収集されたログデータは、90日間アーカイブされるため、お客様は、攻撃後の検証・レビューに役立てることができます。

■トラフィック制御(レートコントロール):
Kona Site Defenderは、悪意のある行動を示すクライアントの検出・遮断を可能にする新たなウェブ防御機能を提供します。世界71カ国に展開するアカマイ独自クラウド・ネットワークであるAkamai Intelligent Platformは、個々のIPアドレスからのリクエストの流量を常に監視し、それぞれのアドレスの統計を収集します。これにより、お客様は、1秒間に過剰なリクエストを送信したり、多くのエラーの原因となるIPアドレスを遮断することができます。さらに、Site Defenderは、収集された統計をベースに、大企業のプロキシなど、リクエストレートが高くても悪意はないIPアドレスを自動的に検出・精査します。

Akamai Intelligent Platformとの連携:
Kona Site Defenderを含むアカマイのセキュリティ製品の基盤は、世界規模に分散配置されたサーバー群によって構成されるアカマイ独自のネットワーク、Akamai Intelligent Platformです。このプラットフォームは、ポート80およびポート443で有効なHTTP/Sリクエストのみを受け入れるため、TCP SYNフラッド、UDPフラッドおよびその他のネットワークパケットベースの攻撃といったネットワーク層の攻撃を検出し、お客様のITを保護します。さらに、このプラットフォームにはHTTP「スロークライアント」攻撃(Slowlorisなど)やHTTP Request Smuggling攻撃に対する自動保護機能が埋め込まれています。

また、Akamai Intelligent Platformは、同プラットフォームを形成するエッジサーバーのひとつひとつがKona Site Defenderのポリシー施行ポイントとして機能し、顧客が直面するあらゆる規模の攻撃に対応できるように、即時に防御を強化することができます。さらに、Kona Site Defenderは、大規模なDDoS攻撃によって発生する恐れがある高額なコストに明確な上限を設けることで、大量攻撃による金銭的被害からお客様を守ります。

本件に関するお問合せ先
アカマイ・テクノロジーズ合同会社
マーケティング本部 マーケティング部 
TEL. 03-4589-6500
E-mail. marketing-jp@akamai.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。