logo

「キャリアによるVoLTEの可能性と提言 - VoLTEはキャリアの次なる収益源となるか?」無料レポートを発表

ROA Holdingsの最新ICT市場コラム

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Holdings(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析コラム「キャリアによるVoLTEの可能性と提言 - VoLTEはキャリアの次なる収益源となるか?」と題した無料レポートを発表いたしました。

【 コラムの内容 】

次世代無線ネットワークであるLTE敷設が世界的に進む中、新たに差別化された収益源に対するキャリアたちのサービス構想に関心が集まっています。

米大手ベライゾンが現在進めているLTEネットワークを使った安価な音声通話実験は、当初2012年中に米国全域を対象として商用化する見通しを発表していましたが、2013年までに延期されることが明らかになりました。恐らくいくつかの拠点都市を中心にテストを十分に実施した後、各種サービスとのマッシュアップの可能性も含めて本格的な商用化に移行するものと見られます。

今後ユーザーにとってサードパーティが展開するソフトウエアベースのmVoIP、そしてキャリアのVoLTEサービスと選択肢が増える中で、キャリアらにとってはユーザー獲得に向けた新たなビジネスモデル創出が求められています。

本レポートでは、今後オールIPのモバイル競争環境における次世代収益源としてのVoLTEサービスについて、米国や韓国の事例をベースに考察を行っています。



【 目次 】

1 Introduction
2 ベライゾンが2013年までにVoLTE全国網実施計画
3 VoLTEはキャリアの次世代収益源となるか? -音声マッシュアップBMの摸索
4 ポータルのmVoIP VS. キャリアのVoLTE:ユーザーの選択は?
5 VoLTE活用に対する提言


【図表目次】

図目次
[図1-1] VoLTE差別化を提示する韓国音声市場ポジショニングマップ


▼本コラムは、ホームページにてご覧いただけます。
リンク
※会員の方はログイン後、ご覧ください。


▼無料アナリストコラム一覧(バックナンバー)はこちらから
リンク
現在、160トピックスに渡る国内外の通信市場関連のコラムをご覧いただけます。


▼無料会員登録はこちらから
リンク


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Holdings
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@roaholdings.com
その他支店 : ソウル支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Holdings レポート・マーケティングチーム 担当:木村
TEL: 03-3356-0874 Email: report@roaholdings.com

このプレスリリースの付帯情報

VoLTE差別化を提示する韓国音声市場ポジショニングマップ:ROA Holdings

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。