logo

最新のテレワーク人口実態調査結果発表!国土交通省主催テレワークシンポジウム開催のお知らせ

国土交通省主催テレワークセミナー事務局(情報通信総合研究所内) 2012年01月27日 14時00分
From PR News

この度、国道交通省主催のテレワークシンポジウム(国土交通省主催テレワークセミナー)~多様化するテレワークは拡大するのか~を行うことが決定しましたのでお知らせいたします。

<セミナー概要>
日時:2012年2月20日(水)14:00~17:00
会場:ホテル銀座ラフィナート7F「松風」(東京都中央区銀座1-26-1)
参加費:無料(事前申込み)
定員:100名(先着順)
趣旨:
IT系企業や外資系企業が牽引してきた日本のテレワークは、幅広い日本企業に導入されつつあります。その導入目的も、ダイバーシティ、ワークライフバランス、BPR(業務改革)、BCP(事業継続計画)など、多様化しつつあり、導入形態も、在宅勤務のみならず、モバイルワーク、テレワークセンター、どこでもオフィス、など多様化しつつあります。
このような中、2011年3月に発生した東日本大震災を契機として、直後の混乱期や夏季の電力不足対策としての在宅勤務が耳目を集めましたが、一過性のものに終わるのか、テレワークが日本社会に定着し拡大していくのか、様々な角度から情報提供と議論を行います。
※当日、「平成23年度テレワーク人口実態調査」の結果発表を行います。(初披露予定です。)
URL:リンク

■プログラム:
第1部:多様化するテレワーク(講演)

・BCPのためのテレワークと平時の取り組み(仮題)
日本アイ・ビー・エム株式会社 戦略コンサルティングパートナー
大池 一弥氏

・中小企業によるテレワークの実践
向洋電機土木株式会社 総務部課長
横澤 昌典氏

第2部:テレワークは拡大するのか(パネルディスカッション)

<モデレータ>
明治大学専門職大学院長・公共政策大学院ガバナンス研究科長(日本テレワーク学会会長)市川 宏雄氏

<パネリスト>
「テレワーク市場とテレワーカの拡大予測」
IDC Japan株式会社 ソフトウェア&セキュリティグループ リサーチマネージャー
眞鍋 敬氏

「テレワークセンターのニーズと可能性(社会実験結果報告)」
社団法人日本テレワーク協会客員研究員(古矢リサーチグループ代表)
古矢 眞義氏

「平成23年度テレワーク人口実態調査結果報告」
国土交通省都市局都市政策課都市環境政策室課長補佐
佐藤 剛

※都合により登壇者が変更となることがあります。
※ご参加のお申込みは下記ページからお願いします。
リンク
(事務局:株式会社情報通信総合研究所)


■ご参考
このセミナーは、国土交通省平成23年度テレワーク推進調査事業の一環として、株式会社情報通信総合研究所が運営業務を請け負って開催致しております。

【関連サイト】
国土交通省都市局(テレワーク関連ページ):リンク
情報通信総合研究所:リンク
日本テレワーク学会:リンク
Facebook:リンク

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。