logo

ECBB株式会社、アプリ完全対応EC構築パッケージ『AppCommerce』を提供開始。

ECBB株式会社 2011年12月28日 12時00分
From DreamNews

ECBB株式会社[リンク](代表取締役社長 松浦康裕)は、2011年12月から、iPhoneアプリに完全対応したEC構築パッケージ『AppCommerce(アップコマース)』[リンク]を発表、提供開始しました。

近年、iPhoneを中心としたスマートフォンは、その市場の隆盛により、一般消費者にとって最も身近なコンピュータであるといえます。特にアプリのダウンロード数とその利用者数は爆発的に拡がっており、アプリ内でのダウンロード販売や物販が日常のものとなってきています。
この拡がり行く新しい販売市場に対応すべく、ECBB株式会社では、これまでの「ECサイト構築パッケージ[リンク]」をさらに進化させ、アプリ完全対応の新EC構築パッケージとして「AppCommerce」を開発しました。

AppCommerceは、PC版ショップ、モバイル(ガラケー、フィーチャーフォン)版ショップ、スマートフォン版ショップ(スマートフォン専用WEBサイト)に加え、iPhone専用のECアプリを構築できます。

本システムの導入により、専用ECアプリという新しい販売チャネルによる幅広いユーザー層の囲い込み、移動中や就寝前など場所や時間、デバイスを問わない販売機会の拡大を実現します。
また、PCサイトからアプリまで、すべてを一元管理できるため、ショップ運営の高効率化が見込まれます。


【AppCommerceの特徴】

●完全ネイティブアプリなので快適な操作・表示速度
AppCommerceは、すべてiOSアプリのネイティブ開発言語であるObjective-Cで開発されています。そのため、商品閲覧から購入・決済までSafari(ブラウザ)を一切使用せず、スムースな操作感・表示速度でユーザーの購買活動を快適にします。

●PC版ショップと完全連動
iPhoneアプリの他に、PC版ショップ、モバイル(ガラケー、フィーチャーフォン)版ショップ、スマートフォン版ショップ(スマートフォン専用WEBサイト)、すべてを一元管理することができます。商品登録や在庫管理、顧客管理などショップ運営の効率化を実現するとともに、さまざまなデバイスを利用するユーザーに対して、ストレスの無い横断的な購入環境を提供します。

●アプリならではの便利な機能
アドレス帳との連携、プッシュ通知機能、特有のタッチ操作など、iPhoneアプリならではの便利で販売を促進する機能が実装されています。

●オリジナルデザイン、機能拡張などカスタマイズ自由自在
AppCommerceのECアプリは、各ショップごとに商材やブランドイメージにあったオリジナルデザインにすることができます。また、各ショップの運営業務に欠かせない機能拡張や、ユーザーの購入率を向上させるための機能追加など、柔軟にカスタマイズして導入することができます。

●専属スタッフが完全サポート
導入の手引きから、複雑なAppStoreへの登録申請、お困りの際のご質問まで、専属の専門スタッフがしっかりサポートします。急を要することも、電話一本ですぐにお答え。安心してショップ運営を行う事ができます。

●新しい管理者画面「オーナーサイド」
ショップ運営者の方が毎日接する管理者画面こそ、使いやすく、楽しくあるべきです。そのために、管理者画面を「オーナーサイド」として、最高のデザインを用意しました。

●豊富な導入実績を基に開発された基本機能
AppCommerceは、500社以上の導入実績がある「ECBB ECサイト構築パッケージ」を基に新規開発されました。「使いやすく、売れる」すなわち継続的に成功するショップを構築することを目的とし、多くのネットショップで採用されている効果的な機能が標準仕様で実装されています。



以上

-------------------
アプリ完全対応EC構築パッケージ『AppCommerce』
リンク

--------------------------------------------------------------
【ECBB株式会社 会社概要】
名称:ECBB株式会社
代表取締役 社長:松浦 康裕
本社住所:〒160-0015 東京都新宿区大京町31-5 東苑ビル 7階
TEL:03-5369-8677
FAX:03-5369-8678
E-MAIL:[info@ecbb.jp]
URL:[リンク]
--------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事