logo

Kingston HyperXメモリ、ライブ・オーバークロック・セッションにて 世界最高メモリ周波数を達成

3600MHz(CL10)、3479MHz(CL9)、3275MHz(CL8)の世界最高速度を達成

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーKingston Technologyは12月14日、ルーマニアのオーバークロックチーム「Lab501」が、ライブ・オーバークロック・セッション中に、世界最高速のデュアルチャネルメモリキット「Kingston HyperX 2544MHz」(製品型番:KHX2544C9D3T1FK2/2GX)を用いて3つの世界新記録を達成したことを発表いたしました。

新記録は2011年12月3日、世界的に有名なオーバークロックチーム「Lab501」に所属する3名のルーマニア人のオーバークロックチャンピオン、Matei Mihatoiu(別名:Matose)、Tudor Badica(別名:Monstru)、Razvan Fatu(別名:Micutzu)によって達成されました。同記録は、ルーマニアのブカレストにあるeMAGショールームで開催されたオーバークロックイベントにおいて、約100名のオーバークロッカーおよび2つの地方TV局の立会いの元で達成されました。

最高記録は、CL10で達成された3600MHzであり、これはDDR3メモリを用いたメモリの周波数では史上最高となります。同イベント期間中に、「Lab501」は液体窒素を用いてメモリモジュールを-196℃まで冷却し、CL9で3479MHz、CL8で3275MHzの世界記録も達成しています。

「Lab501」の創設メンバーであるチューダー・バディカ(Tudor Badica)氏は「我々は昔からKingston社と良好なパートナー関係を維持しています。我々はKingston社最高速のデュアルチャネルメモリキットを用いて少なくとも1つの世界記録を達成できると期待していましたが、3つの世界記録を達成できました。」と語っています。

同じく「Lab501」の創設者であるマテイ・ミハトユ(Matei Mihatoiu)氏は「Kingston社は我々に同メモリキットをイベントの1週間前に提供してくれました。我々は数回のテスト後、これらのモジュールが極めて衝撃的な速度を達成できる能力があるという確信を得ました。」と語っています。

また、同じく「Lab501」の創設者であるラズヴァン・ファツ(Razvan Fatu)氏は「我々はDDR3 SDRAMのオーバークロックチャート上でナンバーワンの記録を達成する試みをサポートしてくれたKingston社に心から感謝しています。」と語っています。

同セッションに関する詳細情報は以下のWebサイトから入手することができます。
認定記録3600MHz (CL10): リンク
認定記録3479MHz (CL9): リンク
認定記録3275MHz (CL8): リンク
セッションの写真:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事