logo

「プライベートCA Gleas」、「Citrix(R)XenDesktop(R)」に対応

~ クライアント証明書によるデスクトップ仮想化の認証強化  ~

株式会社 JCCH ・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下、JS3)は、プライベート認証局製品である「プライベートCA Gleas (以下、Gleas)」が、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下、シトリックス)のデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix(R) XenDesktop(R)(以下、XenDesktop )」に対応したことを発表します。

XenDesktop は、Windowsデスクトップを、あらゆるユーザがあらゆるデバイスを通じて、どこからでもアクセスできるオンデマンドサービスに変革するデスクトップ仮想化ソリューションです。ユーザが最新のタブレット、スマートフォン、ノートPC、シンクライアントを使っている場合においても、XenDesktopは、仮想デスクトップおよびアプリケーションを、迅速かつセキュアに提供します。

経済のグローバル化や事業・雇用形態の多様化、災害・パンデミック対策における事業継続計画などの対応から、いつでもどこからでも安全・快適に利用できるITインフラストラクチャーが必要になっています。XenDesktop は、こうした時代のニーズを中心に企業での導入が増加していますが、社内のWindows デスクトップへのアクセス時に、ID・パスワードのみの認証方式では、認証情報の詐取・類推のおそれがあり、不正アクセスの防止策としては課題が残ります。

今回、Gleas が XenDesktop に対応したことにより、Windows デスクトップへのアクセスにおいて、クライアントとサーバ間で電子証明書を使った相互認証を行なう厳格なセキュリティプラットフォームを、安全にかつ手軽に構築・運用いただけるようになりました。

今回の対応により、XenDesktop との接続検証を行った利用事例は以下のとおりです。

◆認証デバイス( ICカード・USBトークン)を利用したユーザ認証

Gleasから発行したクライアント証明書を認証デバイスに格納し、スマートカードログオンで接続する際の認証に証明書を使うことで、Windowsデスクトップを利用するユーザの特定を実現します。

また、今回の接続検証に基づき、VPN製品と組み合わせることによって、外出先でiPadから端末特定しつつ社内のVDI基盤へのアクセスするなどの応用も可能となります。具体的には、Citrix Receiver(R) for iOS がインストールされた iPad に、Gleas から発行したクライアント証明書を格納し、オンデマンドVPNで接続する際の認証に証明書を使うことで、Windowsデスクトップを利用できる端末の特定を実現します。

今回の対応に合わせて、設定例として作成したホワイトペーパーを Web から提供します。

【「XenDesktop」と「Gleas」による連携設定マニュアル】
リンク

Gleas は、プライベート認証局の開発・販売から得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために開発された認証局アプライアンスです。ここ数年、Gleas は企業でのリモートアクセスを中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。その背景には、インターネット、クラウドなどの普及とともに、スマートフォンなどの新たなデバイスの登場により、企業における情報資産管理に関する大きな変化が発生しているものと思われます。このような変化は、大企業を中心として発生していますが、今後は中堅・中小企業からのニーズが徐々に高まっていくと推測されています。Gleasの企業の管理者業務の効率化を目的とした機能および他製品との関連ソリューションは、お客様からのニーズに基づき開発・搭載したことで高い評価をいただいています。

JS3 は、製品・販売パートナー企業との連携により、3 年間で約 20 社への XenDesktop との連携ソリューションの導入を目指します。


【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ
E-Mail: sales@jcch-sss.com
TEL: 03-5615-1020
FAX: 03-5604-1563
URL: リンク

【株式会社 JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて】
株式会社 JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心に、スマートフォンに代表されるモバイルデバイスならびに USBトークンやスマートカードなどの認証デバイスなどと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。プライベートCA Gleasでは、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から 10万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においてもご利用いただける製品を目指しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事