logo

リクルート、『キーマンズネット』がIT担当者300人にアンケート!「DWH(データウェアハウス)の導入状況」


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するIT製品情報サイト『キーマンズネット』(リンク)は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。
今回は企業のIT担当者492人を対象に「DWHの導入状況」を調査。利用目的や満足度、重視ポイントなどから、DWHの導入実態が明らかになりましたので、調査結果の一部をお知らせします。

▼「DWH(データウェアハウス)の導入状況」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■全体で16%が「導入済み」、導入予定者の導入予算は「1000万円未満」が過半数
――――――――――――――――――――
最初に「DWHの導入状況」について尋ねたところ、全体では16%が導入済み、4.9%が検討中という結果となった。この結果を従業員規模別に見ると、規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなっている。1001名以上の大企業においては「既に導入済み」の割合が、「追加リプレイスなし」「追加リプレイスあり」を合わせて30.5%となり、逆に100名以下の中小企業では2.0%の導入率にとどまる結果となった。DWH自体が高価であることや、大企業に比べて一般的にデータ量が少ないと思われる中小企業では、DWHのメリットを感じにくいという背景があるのだろう。しかし昨今では、DWHアプライアンスや、それを利用したクラウドサービスなどの登場により、以前に比べて安価に利用できるようになってきており、今後は中小企業でも導入が進むと思われる。

関連してDWHを「導入済み」「導入予定」と回答した方に、その「導入予算」を尋ねたところ、導入済みでは「500万円未満」「500万~1000万円未満」を合わせた「1000万円未満」と回答した割合が41.6%という結果だったのに対して、導入予定では「1000万円未満」の回答割合が53.1%と、過半数を超える結果となった。現在導入を予定しているユーザの間では、以前よりも低コストでDWH構築ができるという認識が広まってきているようだ。

▼「DWH(データウェアハウス)の導入状況」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■導入目的は販売/影響分析、連携させたいシステムはBIや会計システムが上位
――――――――――――――――――――
次に、DWHを「導入済み」「導入予定」と回答した方に、「導入の目的」を尋ねたところ、導入済みでは1位「販売/影響分析」63.6%、2位「経営分析」44.2%、3位「在庫/物流分析」40.3%と続き、導入予定では、1位「販売/影響分析」78.1%、2位「経営分析」68.8%、3位「顧客分析」53.1%と続く結果となった。

関連して、DWHを「導入済み」「導入予定」と回答した方に、「連携させたいシステム」についても尋ねてみたところ、導入済みでは1位「BI」56.6%、2位「会計システム」44.7%、3位「CRM・SFA(Sales Force Automation)」31.6%と続き、導入予定では、1位「会計システム」64.5%、2位「BI」58.1%、3位は「グループウェア・コラボレーションシステム」、「SCM」が同率で32.3%と続く結果となった。

▼「DWH(データウェアハウス)の導入状況」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■導入済みでは「パフォーマンス」、導入予定では「導入コスト」を重視する傾向に
――――――――――――――――――――
次に、DWHを「導入済み」「導入予定」と回答した方に「重視ポイント」を、「最も重視する」から「3番目に重視する」まで回答してもらった結果、導入済みでは1位「パフォーマンス」51.9%、2位「導入コスト」50.6%、3位「分析手法」37.7%、4位は「扱えるデータ量」、「運用コスト」が同率で35.1%と続き、導入予定では1位「導入コスト」64.5%、2位「運用コスト」48.4%、3位「分析手法」45.2%、4位「パフォーマンス」38.7%、5位「セキュリティ」25.8%となった。

導入済みではシステムのパフォーマンスを重視する割合が高く、導入予定では導入・運用に関するコストを重視する割合が高かった。DWHはシステム構築後も増え続けるデータ処理を続けるため、継続的なチューニング作業が欠かせず、運用にもそれなりのコストが発生する。DWHの有用性が社内で認識され、多くのユーザが利用することになれば、今までなかった様々なパターンでのデータ参照が発生し、また追加のチューニング費用がかかることもあるため、コスト面での懸念は大きいようだ


▼「DWH(データウェアハウス)の導入状況」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。


<調査概要>
○調査期間:2011年9月13日~2011年9月21日
○有効回答数:492
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、3000点以上のIT製品情報を掲載した会員制サイト(無料)です。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから
◆ERPの導入状況
リンク

◆企業におけるWebサイト閲覧の規制状況
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
リンク

▼「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事