logo

オンメモリDB「Oh-Pa 1/3」で販売業務基盤を強化

~高速処理による請求書発行業務の時間短縮を実現~

株式会社富士通ビー・エス・シー(本社:東京都港区、代表取締役社長 室町 義昭 以下、富士通BSC)が開発・販売するオンメモリデータベース製品「Oh-Pa 1/3 Data Server」(オーパ・ワンサードデータサーバ)が、株式会社清和ビジネス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 山岸 弘 以下、清和ビジネス)様が提供する特定事業での新販売管理システムのIT基盤に採用されました。

富士通BSCが製品とその適用ノウハウを提供、株式会社アクト(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 亀井 宏 以下、ACT)がシステムインテグレーションを担当し、「新販売管理システム」として稼働を開始しております。

「新販売管理システム」(以下、新システム)では、Oh-Pa 1/3 Data Server(※)により、データ処理時間を大幅に短縮することで請求発行業務のスピードアップや顧客対応時の購買データ・請求データ検索において大幅なスピードアップを実現させています。

清和ビジネス様が取扱う販売データ取込み~請求~入金消込業務では、膨大な請求書の発行が必要なために、従来は請求確定までに10時間以上を要していました。新システムでは販売データの膨大化により、従来のシステム内で請求書の作成を実施できなかった顧客についても対応可能とした上で、請求書データ作成に5分・請求書の電子媒体化と合わせて1時間以内でのバッチ処理を実現し、通常業務時間内での請求書の発行が完了することで、業務の効率化に貢献しています。

本システムは富士通BSCが有するオンメモリデータ処理技術と現場を知り尽くしたノウハウ、システムインテグレーションベンダであるACTの豊富な経験と実績を集結し構築した次世代の販売管理システムであり、清和ビジネス様にとって、競争力を一層強化するための重要なシステム基盤となります。

※ Oh-Pa 1/3 Data Serverは、64bitのLinux、Solaris、Windowsサーバで稼動する大規模データ高速処理エンジンです。
※ 本システムはWindows サーバで稼働しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。