logo

3Dアニメを現実と融合させよう!自分で作れるiPhone用拡張現実アプリを開発

メガソフト株式会社(大阪府吹田市、代表取締役:井町良明)は、3Dさし絵ソフト「3Dイラストデザイナー」に機能を追加し、3Dモデルを現実の風景と合成して表示できる拡張現実(AR)作成機能を搭載しました。本ソフトで作成したAR用3DデータはiPhone/iPad用無料アプリ「3Dイラスト AR」を利用することで現実の風景と合成表示することができます。「3Dイラストデザイナー」のAR作成機能はアップデータで、「3Dイラスト AR」はApp Storeから、2011年10月11日より提供開始いたします。

製品名:3Dイラストデザイナー 、3Dイラスト AR
標準価格:3Dイラストデザイナー 6,300円(3Dイラスト ARは無料)
※本機能追加をおこなうアップデータは無料
対応OS:Windows 7/Vista/XP 各日本語版

■公園に恐竜が、廃線に機関車が出現!リアルとバーチャルを融合させよう

このたび開発した「3Dイラストデザイナー」追加機能は、iPhone/iPadアプリ「3Dイラスト AR」との組み合わせにより、拡張現実の世界を自分で作成・演出できるという、新しい拡張現実の楽しみ方を提供するものです。

今回の機能追加により、「3Dイラストデザイナー」の3DモデルをiPhone/iPad用アプリ「3Dイラスト AR」用のサーバーにアップロードできるほか、3Dモデルに動作設定を加えて動きのある拡張現実用3Dデータの作成もできるようになりました。
また、収録されている3Dモデルの一部にはあらかじめ動作設定を追加しているので、すぐに動きのある拡張現実用3Dデータとして利用することもできます。

※「3Dイラスト AR」には、あらかじめサンプル3Dモデルが収録されていますので、「3Dイラストデザイナー」がなくても拡張現実がどんなものなのかを体験していただけます。

※「3Dイラストデザイナー」からAR用3Dデータを出力する時には、インターネット接続が必要です。

※「3Dイラスト AR」の対応機種は以下の通りです。
iPhone(4以上)、iPad(2以上)、iPod touch(第四世代以上)

このプレスリリースの付帯情報

3Dイラスト AR画面サンプル

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事