logo

ブレークスルーキャンプ 2011 Summer 決勝プレゼンテーションを開催!優勝は「Facematch」

ブレークスルーキャンプ運営事務局(主催: ブレークスルーパートナーズ株式会社、共催:スローガン株式会社)は開発合宿プログラム「ブレークスルーキャンプ2011 Summer」の決勝プレゼンテーション大会を開催いたしました。決勝プレゼンテーションでは、各チームが5分間のプレゼンテーションと2分間の質疑応答を行いました。当日は、MOVIDA JAPAN 代表取締役 孫泰蔵氏、AppBank代表 村井智建氏、勝屋久事務所代表勝屋久氏、マイクロソフト ディベロップメント 代表取締役 加治佐俊一氏、TechWave副編集長 増田真樹氏を審査員としてお迎えし、ブレークスルーキャンプ運営事務局の赤羽雄二を含めて六人で審査を行いました。アプリの完成度だけでなく、ターゲットに対する訴求度、ソーシャルグラフの活用度やプラスアルファを感じさせるものがあるかなどについてチェックされました。

■ブレークスルーキャンプ2011決勝プレゼンテーション大会結果
・優勝 「Facematch」 合田チーム(facebookを用いたマッチングアプリ)
・準優勝 「engraph」高橋チーム(ソーシャルグラフを活かした電話帳アプリ)
・3位 「Mutl」高瀬チーム(twitterのタイムラインを整理し、見やすくするサービス)
・3位 「I’m free!」中山チーム(空いている時間を活用したマッチングアプリ)

■ブレークスルーキャンプ2011 とは
【概要】
世界に通用するようなスマートフォン・PC向けアプリ、サービスを生み出すために、開発経験が3年から10数年以上あるエンジニア23チームが2ヶ月間の開発合宿を行って、サービスをリリースするものです。また、20名の社会人がメンターとなり、各チームをサポートします。「スマートフォン/ソーシャルメディア時代の『トキワ荘』を作る」がコンセプトで、少しでも開発に専念できるように、開発オフィス・宿泊場所が無償で提供されます。
【特徴】
(1)企画だけのビジネスプランコンテストとは異なり、実際にアプリ・サービスを開発し、リリースします
(2)開発オフィス・宿泊場所を2ヶ月間、参加者に無料で提供します
(3)全チームが1か所に集まり、ノウハウを共有しながら競争して開発します

【日程】2011年7月16日~2011年9月19日(決勝プレゼン大会)
【参加者】高校生チームを含む全国からの23チーム74名
【入賞賞品】Twitterのオフィス見学などを含んだ4泊6日のシリコンバレーツアーにご招待など
【URL】
(公式サイト)リンク
(公式ブログ)リンク
(Facebook)リンク
(Twitter)リンク

■今後の流れ
ブレークスルーキャンプ2011は終了となりますが、来年にブレークスルーキャンプ2012を開催できるように準備を進めてまいります。

■本イベントに関する問い合わせ先
「ブレークスルーキャンプ2011 Summer」
運営事務局・赤羽(あかば) 
携帯:090-6103-5593 
Email:akaba@b-t-partners.com

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.btcamp.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。