logo

【レポート販売】「スマートテレビをめぐる業界動向調査」を販売開始

~Apple TV、Google TVのインパクトは?~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「スマートテレビをめぐる業界動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=627

報道関係者各位

平成23年8月9日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「スマートテレビをめぐる業界動向調査」を販売開始

    ~Apple TV、Google TVのインパクトは?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「スマートテレビをめぐる業界動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇Apple TV、Google TVのインパクトは?
◇テレビサービス事業者(放送局・IPTV・CATV)は、 「スマートテレビ」をどう把握し、どう活用しようとしているのか?
◇国内メーカーのネットワーク対応テレビの製品化動向と各社の特徴は?

テレビとWebの本格的な融合や、テレビのカスタマイズ化を狙った「スマートテレビ」の登場は、放送局やテレビメーカーのサービスやビジネスにどう影響するのでしょうか。

2010年秋、ソニーが世界初 “Google TV”プラットフォームを採用したSony Internet TVを発売しました。アップル社は外付けのApple TV(新型)を発売しました。また、海外では韓国メーカーがSmart TVを精力的に展開し、サムスン電子はこの春からのグローバル販売3ヵ月で累積販売200万台を突破したと伝えられています。

国内テレビ市場では、メーカー各社がネットワーク対応を強化した製品を相次いで発表しています。独自のクラウド型サービスや、独自のコンテンツを揃え、自社のデジタル機器をネットワーク化した使い方などが提案されています。

「スマートテレビ」の定義は明確ではありませんが、テレビ単体でインターネットサービスが利用できるだけでなく、利用者が機能を追加したり、モバイル端末を併用することで、使い勝手をよくしたり、能力を拡張したりすることができるテレビであるといえそうです。

本調査では、放送局、IPTV、CATV事業者への訪問面接調査の結果を軸に、今後のスマートテレビの方向性を探りました。これは、常に視聴率をベースに視聴者ニーズを把握している放送メディアと、ユーザにダイレクトにテレビ端末向け映像配信サービスを提供するIPTV・CATV事業者が、スマートテレビをどう把握し、どう展開しようとしているか、スマートテレビの今後の姿を作り上げていく重要なファクターとなるとの考えに基づくものです。

この調査レポートが、皆様の参考資料としてお役にたてば幸いです。


■■ 調査内容 ■■

I. 総括

  1. スマートテレビの市場環境
  2. スマートテレビの方向性についての考察

II. スマートテレビの背景

  1. スマートテレビの登場
  2. 放送通信融合の歴史
  3. Apple TVとGoogle TVの特徴
  4. ソニーにおける「Sony Internet TV」への取組み
  5. NHKが提案する放送通信連携システム「Hybridcast」

III. テレビサービス事業者のスマートテレビへの見解と対応

  1. スマートテレビへの見解と対応についての要約
  2. 各社のスマートテレビへの見解と対応
     日本放送協会 TBSテレビ フジテレビジョン
     アクトビラ NTTぷらら ジュピターテレコム
     日本音楽著作権協会

IV. 国内テレビメーカーの動向

  1. 薄型テレビ公式サイトからみえてくる各社の特徴
  2. 各社の概況と製品開発動向
     シャープ ソニー 東芝 パナソニック


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:スマートテレビをめぐる業界動向調査
発 刊 日:2011年7月7日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 100ページ
頒   価:
■製本版     126,000円(本体価格120,000円、消費税6,000円)
※別途送料500円

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。