logo

「さわる大科学実験」iPhone対応版の配信開始! 「静電気でお絵かき」をアプリ内コンテンツとして追加!

■ 『さわる大科学実験』とは?
「さわる大科学実験」は、NHK Eテレ(教育テレビ)で放送中の「大科学実験」で取り上げられた実験テーマを、さわって体験できるアプリです。2011年6月6日にリリースされ、これまでに 25,000以上ダウンロードされ、iTunesStoreランキングでは、iPad総合1位を獲得致しております。
アプリは、番組を「みる」、自分で実験を「つくる」、実験テーマを元にしたゲームで「あそぶ」の3つで構成されており、東大で研究開発された“物理シミュレーション技術”を駆使し、直観的な操作で楽しみながら科学の法則を体験できます。
これまで、iPad版のみ配信しておりましたが、6月30日にiPhone対応版の配信を開始致します。

■ 新コンテンツ『静電気でお絵かき』
新しくアプリ内課金コンテンツとして追加される「静電気でお絵かき」には、番組を「みる」、静電気を使ってキャンパスにお絵かきすることができる「つくる」、風船になった実験レンジャーを静電気でコントロールしながら地上から宇宙まで飛ばす「あそぶ」が、収録されております。
小学生から大人までの幅広い世代に「静電気をテーマ」にした内容で楽しんでいただくことができ、親子のコミュニケーションツールにも最適です。
■「大科学実験」について
毎週土曜 午後7時45分~7時55分 NHK Eテレ(教育テレビ)で放送の科学番組。「1.7kmの道に86人が一列に並んで音の速さを調べる」「50mのクジラ型ソーラーバルーンで人を持ち上げる」など、スケールの大きな実験を、CGを一切使わず、実際に撮影。ナレーションを担当する細野晴臣氏の「やってみなくちゃわからない」を合言葉に、ピンク・イエロー・ブルーの3色の“実験レンジャー”たちが、試行錯誤を繰り返しながら自然界の法則を検証・解明する。
<国際共同制作:NHK/NHKエデュケーショナル/アル・ジャジーラ子どもチャンネル>

※ 大科学実験で放送された「音の速さを見てみよう」は、2010年11月「第37回日本賞文部科学大臣賞児童向けカテゴリー最優秀賞」、2010年12月「第六回バンコク科学映像祭 the Education Award」、「アジア・テレビ賞 子供番組部門 最優秀賞」を受賞しております。

■ 『さわる大科学実験』概要
タイトル:さわる大科学実験
情報提供:株式会社フィジオス
発売日:2011年6月6日
対応機種:iPhone,iPad,iPod touch
対応iOS 3.3.2 以降
入手方法:iTunes App Store
価格:無料 (アプリ内課金コンテンツ450円)

■本件に関するお問い合わせ先
   株式会社フィジオス 広報  email: info*phyzios.com (「*」を「@」に変更してください)

■株式会社フィジオスについて
フィジオスは、東京大学で研究・開発された粒子法等の物理シミュレーション技術をエンターテイメント分野に応用し、ユーザーに新しい遊びと創造と交流の場を提供致します。iPhone/iPad向けアプリでは、これまでに「Aqua Forest (有料総合日米1位、株式会社ハドソンとの共同開発)」、「トミカハイパーレスキューLite(iPad無料総合2位)」、「PHYZIOS Studio(無料総合9位)」、「PHYZIOS Sculptor(無料総合イタリア1位、国内2位)」などをリリースしています。詳しくは リンクをご覧ください。

■ 株式会社NHKエデュケーショナル
平成元年設立以来、「教育・語学」「美術・教養」「趣味・実用」「科学・健康」「こども幼児」などの専門分野で、
NHK教育テレビを中心に年間約9,700本のNHK番組を制作しています。
また、番組の映像商品の制作や関連イベントを開催するなど、放送以外のサービスを提供しています。
詳しくはリンクをご覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。