logo

遂に日本初上陸!PCや周辺機器の待機電力を遮断できる節電タップ「チェックタップ」

有限会社セラヴィ 2011年04月04日 17時40分
From PR TIMES



PCや周辺機器の待機電力を遮断できる節電タップ「チェックタップ」
2か月半で節電率約60%の効果を確認

有限会社セラヴィ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:小牧英樹)は、当社で輸入・販売を行う節電タップ「チェックタップ」の節電効果について検証を行い、2か月半の実施で節電率60.9%という良好な節電効果を示す値が得られたことをお知らせいたします。

「チェックタップ」 商品HP : リンク





 
先般の東北地方太平洋沖地震の影響で、電気の供給能力が不足し、節電への意識も高まっています。同時に、パソコンやプリンター、スピーカーなどの電気機器が消費する「待機電力」の存在も、広く知られるようになりました。そうした電気機器の待機電力を遮断できる「チェックタップ」は、韓国INCASOLUTION社が発明・開発した節電タップで、韓国を中心に米国・ヨーロッパでは既に400万台以上の販売実績があります。パソコンにソフトをインストールし、USBを接続するだけで、パソコンおよび周辺機器の電源を自動で遮断することが可能になります。
今回の検証は、大阪大学・先端科学イノベーションセンターの平木博久 招聘准教授の協力のもと、2010年12月26日~2011年3月11日の2か月半の間行われました。パソコン本体とモニター、電気スタンドをチェックタップに取り付け、付随する節電管理用プログラム「チェックマネージャー」の計算方式に従って節電率を算出いたしました。

■チェックタップに接続する機器の電力
・パソコン本体  消費電力:90W  待機電力:2W
・モニター     消費電力:35W  待機電力:2W
・電気スタンド   消費電力:22W  待機電力:1W

 ■チェックマネージャーによる電源遮断設定
 ・モニター、電気スタンドは、未使用が3分間続くと電源が遮断される
 ・未使用が15分間続くと、システムが正常終了する(パソコン本体の待機電力2Wのみ消費)
  
  上記の環境で、2か月半チェックタップを使用した結果、累積60.9%の節電率を確認することができました。チェックマネージャーには、CO2削減量を監視するシステムも含まれているため、環境にも配慮したエネルギー管理が可能です。機器の使用状況・節電制御条件の設定により節電効果は変化しますが、通常の設定で継続して使用すれば50%以上の節電率を得られるものと考えております。

※今回の検証では、チェックタップシステムに付随するチェックマネージャーの節電率計算に基づく節電効果の見積もりであるため、あくまで参考値としてとらえて頂くようお願い致します。

【チェックタップとは】
チェックタップは、節電機能を備えた電源タップです。タイマー機能や待機機器検出機能により、電源を自動で遮断することが可能です。パソコンと周辺機器を連動させて、電源を遮断・復旧することもできます。

製品名称: チェックタップ
販売開始日: 2010年12月末
価格: オープン価格
販売方法: お問い合わせください
主な機能:  ・ 待機状態のパソコンを検出して、自動的に電源を遮断
指定した一定時間後に電源を遮断するタイマー機能
1クリックでパソコンと周辺機器の電源を遮断
パソコンと連動して周辺機器の電源を遮断・復旧
節電管理用 プログラム「チェックマネージャー」による消費電力量や節約量の監視
利用手順: 1.チェックタップをパソコンの電源・USBケーブルへそれぞれ接続する
              2.モニターやプリンターなどの周辺機器をソケットに接続する
              3.付属のCDからチェックマネージャーをインストールする
              4.節電制御設定を行い、完了

【有限会社セラヴィ 会社概要】
■社名:有限会社セラヴィ
■本社所在地:福岡県福岡市中央区平丘町 2-22
■代表取締役社長:小牧英樹
■TEL(代表):092-534-1073
■設立:平成12年5月
■事業内容:輸入雑貨卸・販売
■URL:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。