logo

複数スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC」Microsoft Exchange Server 2010との連携をサポート

─ マイクロソフト製品との連携を強化し、組織のコラボレーションを支援 ─

株式会社 アプレッソ(本社:東京都文京区 代表取締役社長 長谷川礼司、以下 アプレッソ)は、同社の提供する複数スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC(ピムシンク)、以下PIMSYNC」の同期対象製品として、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区 代表執行役 社長 樋口泰行、 以下 マイクロソフト)の提供するメッセージングプラットフォーム「Microsoft(R) Exchange Server 2010」とのスケジュール連携をサポートしたことを発表します。

PIMSYNCは企業内に導入されているスケジュール機能を含むグループウェア、SFA、CRMに分散登録されたスケジュール情報を異なるシステム間で、同期予定情報を保つように営業活動および組織のスケジュールに関連する業務や予定の確認、調整といった個人と組織の作業の効率化が図れます。


【PIMSYNCのMicrosoft Exchange Server 2010連携サポートの概要】
スケジュール自動同期ソフト「PIMSYNC」の自動同期の連携先として、新たにMicrosoft Exchange Server 2010との連携が加わりました。PIMSINCは、企業内に目的別に利用されているグループウェア、カレンダー機能、営業支援システム上に分散した個人のスケジュール・ToDoといったPIM(個人情報管理)情報を相互に自動同期する便利なソフトです。新たにマイクロソフトのMicrosoft Exchange Server 2010をサポートしたことにより、Microsoft Exchange Server 2010と豊富な連携製品間で、単方向、双方向のスケジュールとToDoの自動同期が可能になります。


PIMSYNCV1.3でサポートしている連携先は、Microsoft SharePoint(R) Server 2007、Microsoft Exchange Server 2003/2007/2010、Microsoft GroupBoard、IBM Lotus Notesの各バージョン、Salesforce CRM 、eセールスマネージャー、Google Calendar、スケジュール情報のXML出力機能です。今回「Microsoft Exchange Server 2010」との連携が加わったことにより、複数スケジュール利用時の矛盾や重複入力の手間の問題を回避し、予定に関する情報の整合性を取りたいユーザーと組織の業務効率化に役立ちます。


【PIMSYNCの主な機能】
複数システムの異なるスケジュールと ToDo の単方向および双方向の自動同期を行います。
-サポートするデータ型
-スケジュール連携
件名、内容、日時、場所、種別、終日、プライベート/公開、
定期の予定、除外日/例外日、など
-ToDo連携
件名、内容、期限、重要度、ステータスなど


【日本マイクロソフト株式会社からのご推薦文】
今回の発表について、日本マイクロソフト株式会社 執行役 パートナービジネス営業統括本部 統括本部長 高橋慎介様より、以下のご推薦を頂戴しております。

アプレッソ様が、PIMSYNCとMicrosoft Exchange Server 2010の連携サポートを表明されたことを歓迎いたします。柔軟性とスケーラビリティを備えたExchange Server 2010 とPIMSYNCが連携することで、企業の皆様が、より迅速かつ快適に業務に取り組んでいただけるものと期待しています。
日本マイクロソフト株式会社
執行役 パートナービジネス営業統括本部長 高橋 慎介


【PIMSYNC連携先一覧】
PIMSYNC V1.3では、今回のを加え、以下の製品との連携・同期が可能です。
・Microsoft Exchange Server 2010 (新機能)
・Microsoft Exchange Server 2003、2007
・Microsoft SharePoint Server 2007
・Microsoft GroupBoard
・Salesforce CRM (新機能)
・eセールスマネージャー V7
・eセールスマネージャー Remix Cloud
・IBM Lotus Notes 6.5、 7、 8、 8.5
・Google Calendar
・スケジュール情報のXML出力


【製品情報】
製品名:       PIMSYNC V1.3 (Microsoft Exchange Server 2010対応版)
出荷開始日:    2011年2月17日
価格:        30ユーザーパック 30万円より (一括払ライセンス/税別) 
販売代理店:    PIMSYNC販売代理店  リンク


【PIMSYNCについて】
PIMSYNCは、株式会社アプレッソが製品化し、2009年5月より提供した複数スケジュールの自動同期を行うソフトウェアです。企業内には、スケジュールやカレンダー機能を持つ複数のCRMやグループウェアが混在して、併用されていることがよくあります。PIMSYNCは、このような複数のスケジュール機能に別々に登録されている情報を各製品間で自動同期する製品です。
PIMSYNCの詳しい情報は、下記アプレッソWebサイトをご参照ください
PIMSYNC製品Webサイト  リンク


【株式会社アプレッソについて】
株式会社アプレッソ  〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 
住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  長谷川 礼司   設立: 2003年12月  資本金: 2億6700万円


「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。
主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider」は発売以来、国内約1300社のお客様にご導入いただいております(2011年2月現在)。アプレッソは、多くの販売パートナーとのサポートやコンサルティング・サービスでの協業により、広範な企業ユーザーの開発効率、生産性、コスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問合せ】
株式会社アプレッソ 企画部 担当:伊藤、桑田  
TEL: 03-4321-1111   FAX: 03-4321-1112
E-Mail: info@appresso.com   アプレッソWeb: リンク


【商標関連】
・APPRESSO、DataSpider、PIMSYNC、アプレッソ、データスパイダーは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

図:PIMSYNCスケジュール連携先がさらに充実

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。