logo

低価格で高性能なAMD搭載モデル「Radiant E378A89」限定数300台にて2/9(水)18:00より発売開始

好評にお応えして早くも第2弾!
企業の期末需要にも対応する販売台数限定の低価格・高性能BTOパソコン
「Radiant E378A89」
限定数300台にて、本日18:00より当社サイトで発売開始

BTOパソコンメーカーの株式会社サイコム(本社:埼玉県八潮市、代表取締役社長:河野 孝史)は、コストパフォーマンスと豊富なオプションで人気を誇るサイコムBTOパソコンシリーズに、より低価格で高性能なAMD搭載モデル「Radiant E378A89(AMD AthlonII X2 250搭載37,800円(税込)~)を新たに追加し、本日の18:00より当社サイトにて発売開始します。

今回のAMD搭載モデルは、4月から新年度を迎える企業や学校などをメインターゲットとする特需に対応した製品で、販売台数は300台限定となります。販売台数が限定数に達した時点で発売終了となります。特需に対応した販売台数限定モデルは、2月3日に発売開始したインテル搭載モデルが大変好評で、今回はそれに続く第2弾となります。

--------------------------
一般向け製品情報ページ
Radiant E378A89
リンク
--------------------------

■Radiant E378A89 (AMD搭載モデル)

下記は標準仕様になります。CPUを基準に各パーツの変更や追加、
OSの搭載などを行うことができます。

マザーボード:FOXCONN A9DA(AMD 890GX + SB850)
メモリ:2GB DDR3 SDRAM PC-10600(1GB×2枚)
HDD:HITACHI HDS721050CLA362(500GB 7200rpm 16MB)
ドライブ:LG GH24NS50 BL+ソフト
VGA:オンボード Radeon HD4290
ケース:Antec ThreeHundred AB
電源:ENERMAX EES-500AWT-SY(500W)

「AMD AthlonII X2 250 プロセッサー」搭載モデル 37,800円~
「AMD AthlonII X2 240e プロセッサー」搭載モデル 37,800円~
「AMD AthlonII X4 640 プロセッサー」搭載モデル 42,800円~
「AMD AthlonII X4 615e プロセッサー」搭載モデル 46,800円~
「AMD PhenomII X2 560 BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 42,800円~
「AMD PhenomII X2 565 BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 43,800円~
「AMD PhenomII X4 955(95W版) プロセッサー」搭載モデル 44,800円~
「AMD PhenomII X4 910e プロセッサー」搭載モデル 46,800円~
「AMD PhenomII X4 965 BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 47,800円~
「AMD PhenomII X4 970 BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 49,800円~
「AMD PhenomII X6 1065T プロセッサー」搭載モデル 50,800円~
「AMD PhenomII X6 1075T プロセッサー」搭載モデル 51,800円~
「AMD PhenomII X6 1090T BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 53,800円~
「AMD PhenomII X6 1100T BlackEdition プロセッサー」搭載モデル 55,800円~
※価格はいずれも税込です

このプレスリリースの付帯情報

Radiant E378A89

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

“BTO”は“Build To Order”(受注生産)の略で、顧客から注文を受けてから製品を生産する販売方式です。国内では、デルコンピュータ社などがその代表的なメーカーになります。用意されたメモリやドライブなどのパーツからユーザーが必要な仕様を選び、メーカーが完成品としてセットアップして納品するパソコンがBTOパソコンです。自分でユニットやパーツを個別に購入し組み立てる“自作マシン”と呼ばれるパソコンに類似しますが、BTOはユニットやパーツの動作検証が行われたうえで選択肢が用意されて、組み立ても専門スタッフが実施し、動作確認(メーカー保証)がされたうえで納品されますので、安心して購入しすぐに利用することができます。特にサイコムでは、配線や結線などにも細心の配慮を施し、単に線をキレイに束ねるのではなく、仮にユーザーがボードの交換をするときでも関係する線がいずれであるかをできるだけわかりやすくし、さらにはエアーフロー(冷却喚起)の効率も視野に入れています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事