logo

LPI-Japanが、新たなオープンソースデータベース技術者認定試験の開発を開始

LPI-Japanが、新たなオープンソースデータベース技術者認定試験の開発を開始
~エンタープライズ・システムでのOSS-DB活用を技術者認定の立場から中立的にサポート~
……………………………………………………………………………………………



Linux技術者認定機関として「LPIC」を実施する特定非営利活動法人エルピー
アイジャパン(LPI-Japan、理事長:成井 弦、www.lpi.or.jp)は、2011年2月
1日(火)よりオープンソースデータベース(※以降OSS-DB)における技術者
認定試験の開発を開始したことを発表いたします。

本認定試験は、OSS-DBの構築、運用、開発について体系だったスキルを有し、
顧客の抱える課題を解決することができるOSS-DB技術者を認定するものです。

【認定試験名称(仮)】
・試験名:オープンソースデータベース技術者認定試験(OSS-DB Exam)
・認定名:オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS-DB CE)

本認定プログラムには基本的な知識を問う【Silver】と
上級レベルの【Gold】の二つのレベルがあり、
各々のレベルにて認定されるスキルは下記となります。

【OSS-DB Silver】
・RDBMS,SQL,OSS-DBに関する基本的知識を有する
・OSS-DBを使ったデータベースシステムの運用管理ができる
・OSS-DBを利用した開発でデータベース部分を担当できる
・OSS-DBを利用してデータベースシステムの設計、導入、
 開発を行うことができる

【OSS-DB Gold】
・RDBMS,SQL,OSS-DBに関する深い知識を有する
・OSS-DBの内部構造を熟知している
・OSS-DBの利用方法やデータベースの状態を検証して、
 改善提案を行うことができる
・パフォーマンスチューニング、トラブルシューティングなど、
 大規模、ミッションクリティカルなデータベースシステムの設計、
 運用管理にOSS-DBを利用することができる

近年、企業が抱えるITシステムの低コスト化、業務効率化、短期間導入などの
課題を解決するために、基幹システム、業務システムを中心に、OSS-DBの採用
がますます拡大しています。このような流れから、「様々なデータベースの知
識を持ち、顧客に最適なデータベースシステムを提案できる」「OSS-DBの有用
性を活かし、ミッションクリティカルなデータベースシステムを構築できる」
といった、高度な知識と技術を有したOSS-DB技術者のニーズは非常に高まって
います。
LPI-Japanでは、今、企業から最も必要とされているOSS-DB技術者のスキルレ
ベルを中立的な立場より認定する資格試験「オープンソースデータベース技術
者認定試験」の開発を開始いたします。また、試験配信および認定の開始は
2011年夏を予定しております。

なお、本試験はOSS-DBのなかでも、特に商用データベースとの連携に優れ、
エンタープライズ・システムでも多く活用されているPostgreSQLを、
基準のRDBMSとして採用しております。
 

 
●本リリースのお問い合わせ先
LPI-Japan 事務局 担当:川鍋  
TEL :03-3261-3660 / E-mail:kawanabe@lpi.or.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事