logo

AMD Fusion APUの時代が到来

Las Vegas, NV, Jan 5, 2011 - (JCN Newswire) - 本日2011 International CESでAMD (NYSE: AMD)は、コンピュータ史上最大のコンピューティング能力を備えたアクセラレーテッドプロセッサの新クラスを発表しました。このAMD Fusion Family of Accelerated Processing Unit (APU)は、シングルダイ設計で、この設計の中には、マルチコアCPU (x86)技術、強力なDirectX(R) 11対応ディスクリートレベルグラフィックおよび並列プロセシングエンジン、専用高画質映像アクセラレーションブロック、異種プロセッサコア間のデータ伝送を加速する高速バスなどが搭載されています。この発表により、AMD Fusion APUベースの新世代デスクトップ、ノートブック、およびHDネットブックが、お手ごろな価格帯で入手できるようになりました。AMD Fusion APUベースのタブレットおよび組み込み設計は、2011年第1四半期後半に利用可能になる予定です。これらの製品の特徴には、途切れの無いHD動画再生、要件の特に厳しいアプリケーションの処理に対応したコンピューティング能力の飛躍的増大、(ii) DirectX 11対応グラフィック、All Dayバッテリー寿命などがあります。


AMDでは、Acer、Asus、Dell、富士通、HP、Lenovo、MSI、サムスン、ソニー、東芝などの大手メーカーが、非常に魅力的なバリューのあるAMD Fusion APUベースのシステムの提供プランを、妥当な価格帯で発表すると見込んでいます。


「弊社では、AMD Fusionプロセッサは、まさに40年前のx86アーキテクチャ発表以来、最大の進歩だと考えています。」と、AMD製品グループ本部長でシニアVPのRick Bergmanは述べました。「この進歩によって、ユーザーはどこでもHDを利用できるようになりましたし、All Dayクラスのバッテリー寿命を備えたノートブックで、パーソナルスーパーコンピューティングを活用できるようにもなりました。(i) これは、新しいカテゴリーであり、新しいアプローチであると共に、消費者にとっては、わくわくする新しいエクスペリエンスの道を開くものでもあります。」


どこでもHD 2.0
高解像度(HD)は、現在、あらゆるところで使用されています。YouTubeの動画、DirectX 11のゲーム、ブルーレイなど、世界の人々はコンピュータをハブとして利用しながら、コンテンツをいろいろなやり方で楽しんでいます。また、AMD Fusion APU搭載PC全機種に備わった一連の独自機能であるAMD VISION Engineにより、コンピュータ上で今まで実現できなかったような鮮明でリアルな視覚体験を味わえます。VISION Engineには、以下の画期的な機能が備わっています。
- DirectX 11対応グラフィック
- アプリケーションパフォーマンスを向上する超並列プロセシング
- 新型AMD Radeon(TM) HD 6800 Series GPUには、UVD3動画アクセラレーションブロックを搭載
- ビジュアルパフォーマンスの継続的な向上のために、毎月更新される独自のグラフィックドライバ機能


VISION EngineおよびAMDパートナー提供ソフトウェアを搭載したPCには、以下の特徴があります。インターネットブラウザの表示が速くなり、アプリケーション同様の使い心地に。滑らかで静かな優れた1080p HD動画再生が可能に。通常画質の動画が、高画質画像のように。2Dコンテンツを立体3Dに変換可能。グラフィックの多いウェブサイトでも、迅速にロード。HDコンテンツの操作が素速く簡単に。HD解像度での3Dゲームも迅速になり、さらにリアルな迫力に。(iv)


パーソナルスーパーコンピューティング
コンピューティングエクスペリエンスの良し悪しはそのほとんどがソフトウェアによって決まりますが、ソフトウェア開発者にとって、CPUやGPUが情報処理時にそれぞれ独自な性質を持つことがいまだに足かせになっています。しかし、AMD Fusion APUではその障害を克服し、開発者がGPUの並列プロセシング能力(今後発売予定のA-Series "Llano" APUでは500 GFLOP以上)をフルに活用できるようになりましたので、日常のコンピューティングタスクで、スーパーコンピュータのようなパフォーマンスが可能になりました。同じクラスの以前の設計に比べて、同時実行可能なアプリケーションの数が増大し、速度も向上しました。(ii)


AMD AllDay(TM) Power
さらにAMD Fusion技術では、10時間以上のバッテリー寿命が実現しました。(i)この新しい省電力機能は、シングルチップ設計で提供され、たとえHDコンテンツを利用した場合でも、電源コンセントにつながずに使える時間が大幅に延長されました。


省電力機能とパフォーマンスの飛躍的な向上:E-Series、C-SeriesおよびA-Series APU
毎日のコンピューティングエクスペリエンスを向上するこれらの低消費電力プラットフォーム(旧コードネーム"Brazos")の2011年版は、本日から、E-SeriesとC-Seriesの2つのAPUタイプで発売されます。これらのAPUには、新型x86 CPUコア(コードネーム"Bobcat.")が搭載されています。"Bobcat"は、AMDにとって、2003年以来初めての新型x86コアで、優れたモバイル性能を提供するために徹底的な設計がされました。

2011年版メインストリームプラットフォームは、パフォーマンスと、大手各社のノートブックおよびデスクトップを特に意識して作られています。このプラットフォームを使用する32nmダイA-Series "Llano" APUには、最大4つのx86コアとDirectX 11対応のディスクリートレベルGPUが搭載される予定です。A-Seriesの出荷開始予定は2011年前半で、これを搭載した製品は2011年中ごろに発売される見込みです。


参照資料
AMD Fusion APUについて詳しくはAMD Fusionウェブサイトをご覧ください。
AMD Fusionに関するニュースは リンク に掲載されています。
AMD Fusion APUのデモは、YouTubeのAMD Unprocessedチャンネルから視聴できます。
AMDに関するすべてのニュースは、ツィッターの@AMD_Unprocessedから発信しています。
2011 International CESのAMDの出展およびイベント内容:
CESにおけるAMD記者会見については、メール(amdces@bitecommunications.com)にてお問い合わせください。
CES会期中のAMD Fusionベースの製品のデモは、CES UnveiledおよびPepcom Digital Experienceプレスイベントにてご覧いただけます。
Facebook:AMD @ 2011 International CES
ウェブサイト: リンク


注意書き:このリリースには、将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。その中には特に、AMD Fusionプラットフォームの製品発表予定などの製品ロードマップ、新製品の機能とパフォーマンス、および1995年の私募証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に準じた技術リリース、弊社製品をベースにした顧客製品の発売予定時期などについての将来予想に関する記述があります。将来予想に関する記述は、通常、「でしょう」「場合」「期待」「考え」「予定」「意図」「計画」などの言葉や、同様の意味の表現により、識別されます。投資家の皆様は、このリリースの将来予想に関する記述が、この発表資料の日付時点でのみ有効な、現在の信念、家庭および期待に基づいており、実際の結果が現在の期待内容と大きく異なる原因となるようなリスクと不確実性が含まれていることにご注意ください。実際の結果が現在の期待と著しく異なる原因となりうる重要な要因は、次のとおりです(ただし、これに限定されるわけではありません)。インテルコーポレーションのプライシング、マーケティングおよびリベーティング・プログラム、製品バンドル、標準設定、新製品発表など、AMDの事業を対象にした活動が、AMDの現在の計画の実現を妨げる可能性。AMDが新製品や新技術を開発し、発表し、需要に応じた量とマーケティングミックスで展開できない可能性。AMDのサードパーティ・ウェーハ・ファウンドリが、競争力の高い技術を使用して、適切な品質と適切な製造歩留まりで、製品の製造をタイムリーに行えない可能性。AMDの予定支出の範囲内で、AMDのサードパーティ・ウェーハ・ファウンドリが、先進製造プロセス技術の移行をタイムリーかつ効果的な方法で行えない可能性。AMDが、競争力維持に必要なレベルの研究開発投資を維持できない可能性。コンピュータや家電製品の需要、ひいてはAMD製品の需要が、現在の予測より下回る可能性。顧客がAMD製品の購入を中止するか、顧客からの製品需要が大幅に減少する可能性。サードパーティが、AMD製品向けに最適化されたソフトウェアを開発または改良できない可能性。AMDが追加資金を必要とし、有利な条件で資金調達ができないか、資金調達がまったくできない可能性。特定の時期に製品ミックスを提供したり、需要が減少することによって、AMD製品・技術の市場の伸びや需要が予期せぬ変動をする可能性。AMDの製品の需要への対応に十分な生産力やコンポーネントを確保できないか、GLOBALFOUNDRIESの製造施設を活用しきれない可能性。国際的な政治・経済の不安が、売り上げや製造に悪影響を及ぼす可能性。GLOBALFOUNDRIESが期待通りの成功を収めない可能性。投資家の皆様は、同社が米国証券取引委員会に提出したリスクと不確実性についての書類の詳細を、よくお読みくださるようお願いいたします。この書類には、2010年9月25日締めの四半期報告書(書式10-Q)などがありますが、これに限定されるものではありません。


AMDについて
AMD (NYSE: AMD)は、画期的なAMD Fusion APU (Accelerated Processing Unit)を通じて、生き生きしたデジタルエクスペリエンスの未来を拓く半導体設計イノベータです。AMDのグラフィックおよびコンピューティング技術は、PC、ゲーム機、インターネットやビジネスを支える強力なコンピュータなど、さまざまな機器に使用されています。詳しくは リンク をご覧ください。


AMD、AMDの矢印型のロゴ、Radeonおよびそれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。DirectXは、Microsoft Corporationの商標です。他の名称は、情報提供の目的でのみ使用されており、それぞれのオーナーの商標である場合があります。


(i) AMDパフォーマンスラボの実施したテストによれば、2011年版省電力プラットフォームのリファレンスデザイン"Zacate" E-350のバッテリー寿命は、アイドル状態で最大641分(10.68時間)の"All Day"レベル、3DMark '06を使用した「アクティブ」メトリックで最大249分(4.15時間)となりました。リファレンスデザインの構成は、AMD Dual-Core Processor E-350、1.6Ghz 2C、4GB (2x2GB) DDR3-1066システムメモリ、14.0"ディスプレイ@ 1366x768、Windows 7 Ultimate 64ビット、62Whrリチウムイオンバッテリーでした。2011 AMD C-50 Dual-Core Accelerated Processorのバッテリー寿命は、アイドル状態で最大735分(12.26時間)の"All Day"レベル、3DMark '06を使用した「アクティブ」メトリックで最大379分(6.31時間)となりました。リファレンスデザインの構成は、AMD Dual-Core Processor C-50 1.0Ghz 9W、2GB (1x2GB) DDR3-1066システムメモリ、AMD Radeon™ HD 6250 Graphics (10.1" @ 1024x600)、6セルのリチウムイオン、62.2 Whrバッテリー、LEDバックライト、Windows 7 Home Premium 64ビットでした。すべてのテストは6セルのリチウムイオン62.2 Whrバッテリーを使用しました。AMDでは、アイドル状態で8時間以上のバッテリー寿命を「All Day」と呼んでいます。


(ii) AMD Fusion APUと、AMD Mobility Radeon(TM) HD 4250 GPUを使用したAMD Athlon(TM) II P320 CPUを、ワットあたりのパフォーマンスで比較した場合。AMDパフォーマンスラボで実施したテストで、AMD Fusion APUを検証した結果、18/9 Wで、A-Seriesでは最大約500 GFLOPS、E-Series/C-Seriesでは最大約90 GFLOPSとなりました。一方、AMD Athlon(TM) II P320 CPUとAMD Mobility Radeon HD 4250 GPUを使用した場合は、38 Wで合計74 GLOPSとなりました。


(iii) AMD APP (Accelerated Parallel Processing)技術のアプリケーションサポートが必要です。 AMD APP技術は、GPUアクセラレーション機能を活用して設計されたアプリケーションで実行されます。


(iv) 機能によっては、フル機能を利用するために、追加ハードウェア(ブルーレイドライブ、HDまたは10ビットモニタ、TVチューナ、HDMIコネクタ、3D対応パネル、3D対応グラス/エミッタ、ブルーレイ3Dドライブなど)および/またはソフトウェア(マルチメディアアプリケーション、3Dコンテンツ、3Dミドルウェア、3Dゲームなど)が必要です。コンポーネントやシステムによっては、全機能をサポートしていない場合があります。特定のモデルの機能やサポートしている技術を確認するには、コンポーネントまたはシステムのメーカーにお問い合わせください。


(v) A-Series "Llano" APUのシアトリカルピークパフォーマンス。


お問合せ先:
Sarah Youngbauer
AMD広報
+1-512-426-1844
sarah.youngbauer@amd.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事