logo

~システムと人の密接な相互連携によりTCO削減を狙う~ ~第一弾は国内初のネット通販に特化したサービスを本日より受付開始~

株式会社ジャパンコンピューターサービス 2010年12月13日 10時00分
From ValuePress!

株式会社日本セパレートシステム株式会社(所在地:東京都豊島区、
代表取締役社長:杉村英人、以下日本セパレートシステム)と
株式会社ジャパンコンピューターサービス(所在地:東京都千代田区、
代表取締役社長:唐沢 俊樹、以下ジャパンコンピューターサービス)は、
物流事業に特化したクラウドとオンサイトを融合したサービス「One Plate Service for Logistics : OneLO(オネロ)」を、2011年2月1日からまず
ネット通販事業向けを第一弾としてサービスを開始いたします(受付は本日より開始)。二次展開として各社が保有する業務システムをwebサービス化し、
SaaSとして順次「OneLO」上で提供していく計画です。「OneLO」の売上目標は、初年度2億円、その後順次サービス適用範囲を拡大し、3年後に10億円の売上を
目指します。


■「OneLO」のコア・ビジネスモデル
「OneLO」は、クラウドサービスとオンサイトサービスをワンストップサービスで設計・運用することにより、ビジネスの変化に柔軟に対応できる最適な物流
インフラを提供することができます。さらに「OneLO」は物流事業に必要な機能を、必要に応じて利用者にサービス提供できるため、荷主・物流事業者様の
ビジネスインフラに対する初期投資・ランニングコストの低減及び稼働までの
時間短縮が行えます。
「OneLO」クラウドサービスはWebサービスAPIに準拠しているため、対応している業務アプリケーションであれば容易に「OneLO」上に搭載することができます。これにより、「OneLO」が提供する相互連携によるメリットが飛躍的に
向上できます。


■「OneLO」で提供されるサービスメニュー
1)クラウドサービスとして提供
・受注システム(「えびすマート」を提供します。)
・倉庫内業務システム(「ロジ助」を提供します。)
・勤怠管理・タイムカードシステム(「HandTime(ハンドタイム)」を
提供します。)
・基盤となるPaaS(「CORDYS(コーディス)」を提供します。)

2)オンサイトサービスとして提供
以下の受発注業務・在庫管理業務・流通業務などの人・箱・物による業務も
ビジネス・プロセスの一部として統合化したサービスとして提供いたします。
以下は通販ビジネスの例です。
・受注システム・コールセンター業務
・在庫管理業務
・庫内管理業務
・庫内作業・出荷作業

サービスの詳細内容については下記URLを参照して下さい。
URL:リンク



■各社のミッション
日本セパレートシステムは、医薬・食品・日雑の流通支援に強みを持つ企業と
して3PL協会に属し、「ロジステックス・コンシェルジュ」としての立ち位置で、「人とICT」による支援サービスを行なっております。今回のサービス提供において日本セパレートシステムは、荷主・倉庫・運送などの物流事業者側に立って支援いたします。
ジャパンコンピューターサービスは、ICT企業として培った長年のシステム開発経験を活かし、クラウドプラットフォームの構築・運用、及び、クラウドサービスの運営を行います。今回のサービス提供において、クラウドプラットフォームには、CORDYS社の「Business Operations Platform」(略称:BOP)を採用し、BOPを利用したシステムの統合についても、ICT企業として強力に支援します。
両社はそれぞれ得意とする分野(物流業務ノウハウ・ソフト基盤(PaaS)を
基にコラボレーションすることで、中小規模の企業様までお使いいただける
クラウドサービスを安価に提供する所存です。

■CORDYSについて
CORDYS社の製品「Business Operations Platform」(略称:BOP)は、既存の
システムを有効活用しながら、新たな業務の流れに沿ったアプリケーションの
開発、監視、運用を行う為の機能を豊富に揃えたクラウドプラットフォーム
製品です。

■物流業界向け手のひら静脈認証タイムレコーダー&勤怠管理システム「HandTime」について
特許出願中の独自機能により、不正登録・不正打刻を高いレベルで防止する物流業界向けの「手のひら静脈認証」タイムレコーダー&勤怠管理システムです。
本システムは作業時間区分別集計機能で活動基準データ収集を即時に行うことができます。これにより、出退勤時刻の収集にとどまらず、生産性測定のツールとして活用できます。物流業界のお客様よりご要望が多い「スポット対応」
「人材派遣会社スタッフ管理」等にも標準で対応しております。また、業界で
初めて一台のPCで2台の静脈認証装置を接続可能にしています。 詳細は以下のURL を参照ください。

※「HandTime」 URL: リンク

■株式会社日本セパレートシステム
商号  株式会社日本セパレートシステム
       (英語表記:NIPPON SEPARATE SYSTEM CO.,LTD.)
本社  〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-32-12 第4タクトビル4階
TEL  03-6907-4470
URL  リンク
設立  1999年12月24日
事業内容
物流センターを中心とした各種業務におけるコンサルティング
業務請負及び人材派遣
手のひら静脈認証装置を活用したパッケージ商品開発
動画配信技術をベースとしたパッケージ商品開発
業務アプリケーション受託開発     
資本金 12,000,000円
代表者 代表取締役 杉村 英人
取引先
大手外食産業・大手飲料メーカー・大手玩具メーカー
大手医薬品問屋、その他3PL業
    理化学研究所、京都大学、九州大学、神戸大学、立命館大学、早稲田大学
    富士通グループ会社  など (順不同)
所属団体 3PL協会

■株式会社ジャパンコンピューターサービス
商号 株式会社ジャパンコンピューターサービス
       (英語表記:Japan Computer Services, Inc.)
本社 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町 1丁目 11番地 7階
TEL 03-5298-8866
URL リンク
設立 1981年3月
事業内容
システム開発・設計
ネットワークの設計・構築
システムオペレーション
技術支援・ヘルプデスク
データマネージメント
海外企業向けサービス
クラウド関連サービス
CORDYS販売代理店     
資本金 1億2912万円
代表者 代表取締役 唐沢 俊樹
取引先
金融、生保、証券、製造業、飲料メーカー、
通信、IT、広告代理店等



■CORDYS
商号 CORDYS NEDERLAND B.V.
本社 Vanenburgerallee 3,3880 AC Putten, Netherlands.
URL リンク
設立 2001年
事業内容
Software Factory
提供商品
BOP(Business operations platform)
CPF(Cordys Process Factory)
代表者 Jaan Baan
取引先
Global 2000社
日本オフィス
CORDYS JAPAN
〒100-0005 東京都千代田区丸の内 1-8-3
丸の内トラストタワー 20F
TEL 03-5288-7061


【本プレスリースに関するお問い合わせ】

株式会社日本セパレートシステム 広報 担当: 島村千春、吉政忠志
TEL 03-6907-4470
Mail pr@sepa-system.co.jp


株式会社ジャパンコンピューターサービス 営業 担当:目崎康一、石田瞬
TEL 03-5298-8866
Mail OneLO@japacom.co.jp

※プレスリリースに記載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の
経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、
あらかじめご了承ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事