logo

OKI、トータルなITライフサイクルマネージメントを行うクラウドサービス「EXaaS(TM)」販売開始

Tokyo, Nov 30, 2010 - (JCN Newswire) - OKI(TSE:6703)は、このたびお客様の望む時に、お客様の望む形で提供するクラウドコンピューティングサービス(以下、クラウドサービス)「EXaaS(TM)(エクサース)」の販売を開始します。「EXaaS」は、導入支援コンサル/開発/調達・構築/運用サポートまでカバーした、トータルなITライフサイクルマネージメントを行うクラウドサービスです。これまでのクラウドサービスにはない、お客様サイトの端末やお客様のネットワークにいたるまでカバーしており、お客様のIT投資コストの最適化を実現します。


昨今、クラウドサービスには、IT全般に対するライフサイクルコストの削減への大きな期待が寄せられています。また、ITの高度な機能や技術の業務システムへの導入を、投資対効果が見合わずにあきらめていたお客様から、クラウドサービスによる効率的な利用への期待が集まっています。しかし一方で、「既存システムからの移行」、「カスタマイズの自由度」や「セキュリティや信頼性」に対する不安も大きく、利用に踏み切れていないお客様も多いのが実情です。


OKIがこのたび提供を開始する「EXaaS」は、お客様の不安を解消する、以下の特長を持ったクラウドサービスです。


(1)トータルサービスでお客様サイトの端末運用までをサポート
お客様が望む業務アプリケーションサービスに加えて、それを利用するお客様サイトのATMや専用端末、PCといった各種端末の運用までをサポートし、トータルライフサイクルコストの全体最適化を可能とします。


(2)お客様単独ではコストが合わない高度なサービスを共同利用型で提供
お客様単独では導入に踏み切れなかった高度なアプリケーションを、共同利用型サービスとして提供し、経営力強化を支援します。


(3)各業界セキュリティ基準・ガイドラインに対応した安心・安全を提供
各業界のレギュレーションに合致し、実績に裏付けられたサービスセキュリティ基盤により、社内外の監査に耐えられる安心・安全なサービスを提供します。


(4)お客様の既存システムからの移行までサポート
お客様が保有するデータ移行や既存システム連携に関わる移行作業に対するサポートとして、ツールや移行インテグレーションサービスを併せて提供します。


OKIは、お客様が求めるクラウドサービスを実現するために、これまでのLCM(注1)サービスをはじめとしたお客様向けサービス提供の実績・ノウハウを活用し、全国250箇所、サービススタッフ2,500名の保守サービス体制で、高度な機能を最適コストで安心安全に利用できるサービスを積極的に提供していきます。また、今後もさらに、お客様のご要望・ご期待にお応えできるサービスメニューを順次拡大していきます。


【販売計画】
価格:個別見積り
提供時期:今後、順次サービス提供
販売目標:今後3年間で800億円


【用語解説】
注1:LCM(Life Cycle Management)
システムの企画、開発から運用・破棄までの、工程全般にわたる業務マネジメント。
注2:SaaS(Software as a Service)
ネットワークを介してソフトウェアをサービス利用する形態。
注3:IaaS(Infrastructure as a Service)
ネットワークを介してインフラをサービス利用する形態。
注4:PaaS(Platform as a Service)
ネットワークを介してプラットフォームをサービス利用する形態


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューション&サービス事業本部 企画室 
電話:03-5440-4640

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事