logo

位置情報によるサービス

ジオブラウザ、マイクロブロギング、メッセージング、カレンダー、広告

位置情報産業は、新たな段階に入りつつある。サービスを個々に独立した位置情報サービスとして、アプリケーション毎に区分するのではなく、位置情報は既存のモバイルサービスの実現技術としての方向性を打ち出してくるだろう。位置情報の利用の透明性を高めることは、プライバシー侵害への関心の高まりや新しいビジネスモデル、ウェブやウィジェットやオープンソースの発展する環境、バリューチェーンの変化、ポジショニングの代替技術、新しいコンテンツのソースパラダイム、拡張現実などの革新的なインターフェースなどに繋がるだろう。この調査レポートは、ジオ技術によるブラウザ、位置情報ベースのソーシャルネットワーキングやマイクロブロギング、メッセージング、カレンダーなどのアプリケーションと、位置情報ベースの広告について調査している。主要企業とソリューションを解説し、市場促進要因と阻害要因、位置情報サービスのタイプ毎・地域毎の市場予測を記載している。



【調査レポート】
位置情報によるサービス:ジオブラウザ、マイクロブロギング、メッセージング、カレンダー、広告
Location Enabled Services
Geobrowsers, Social Networking, Micro-blogging, Messaging, Calendar, and Advertising
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。