logo

パブリッククラウドサービス『WebARENA CLOUD9』を販売開始~NTTPCコミュニケーションズ クラウド市場に本格参入~

株式会社NTTPC コミュニケーションズ 2010年10月07日 17時06分
From PR TIMES

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下NTTPC、代表取締役社長:井上裕生 本社:東京都港区)とNTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTT Com、代表取締役社長:有馬彰 本社:東京都千代田区)は、NTT Comグループの会社である米国Verio社(以下Verio)が開発したクラウドプラットフォームにNTTPCが日本市場向けにローカライズしたクラウド型ホスティングサービスの『WebARENA CLOUD9』(ウェブアリーナ クラウドナイン)を、2010年10月7日より販売開始します。

NTTPCでは、長年培ってきたネットワークやデータセンターの技術・オペレーション等を基盤にホスティングサービスや仮想化環境構築サービスを提供してまいりましたが、これまでの技術を踏まえ、この秋より、中堅中小企業のお客さまへもっと手軽に導入できるクラウド環境提案を目指し、「すべての会社にクラウドを。」のコンセプトのもと、クラウドコンピューティング市場に本格参入いたします。
第一弾として、今回の『WebARENA CLOUD9』の提供を開始し、さらに今後は、中堅中小企業のお客さまに向けて、ネットワーク、Webホスティング、メールホスティング、セキュリティ等をまとめて簡単に導入できるパッケージ型クラウドサービスなど、続々と新しいクラウドサービスの提供を予定しています。

NTT Comグループでは、クラウドコンピューティング市場に対し、フルレイヤ・ワンストップ対応による安心、安全の日本品質を提供する『BizCITY』を展開しており、この度、中堅中小企業のお客さまが手軽に導入できるパブリッククラウドサービス(*)として『WebARENA CLOUD9』を提供いたします。

*:パブリッククラウドサービス・・・クラウドコンピューティングによって提供されるサービス(クラウドサービス)のうち一般利用者向けに提供されるクラウドサービスのこと。

【WebARENA CLOUD9サービス概要】
VerioとNTTPCは、共にホスティングサービスを提供するNTT Comグループの会社で、Verioはクラウドプラットフォームの開発・保守・運用を担当、NTTPCは仮想OSおよび日本語対応コントロールパネルの開発および日本国内のお客さま向け販売と運用サポートを担当し、それぞれの強みを生かした体制で、パブリッククラウドサービス『WebARENA CLOUD9』を提供いたします。

1.WebARENA CLOUD9が追求する3つのコンセプト
『WebARENA CLOUD9』は、お客さまが求めるパブリッククラウドサービスの実現に向けて、3つのコンセプトを追求し、従来のホスティングサービスやレンタルサーバーにはない、先進的かつ安定性の高いサービスを提供します。
(1)高い安定性とセキュリティ
お客さまのサイト運営にとって、高い安定性とセキュリティが最も重要な課題と考えています。故障時やメンテナンス時のダウンタイムを短時間化する機能や、不正アクセスを防止するポートマップ機能を無料で標準提供します。
(2)柔軟なリソース変更と料金体系
クラウドサービスの利点である「必要なリソースを、必要な時に利用でき、費用は使った分だけ」を追求しています。サイト運営の初期投資を最小限に抑えつつ、将来のアクセス増にも拡張対応でき、事前のサイジングや拡張性を考えた設計が不要、かつその費用は使った分だけで無駄を省くことができます。
(3)使いたい時にすぐに使える
必要な時にすぐにご利用いただけるよう、サーバー開通時間の短縮化に努めています。クレジットカード払いの場合、オンラインサインアップ後、最短3分で開通します。請求書払いの場合、申込書NTTPC到着から概ね3営業日で開通します。

2.料金および主な機能
【基本スペック】
基本HDD容量 :50GB~(最大1TB)
基本メモリ:1GB~(最大16GB)
基本CPU:1コア共用(最大4コア共用)
OS:CentOS5(インストール済み)
IPアドレス:グローバルIP 1つ、プライベートIP1つ
アクセス回線:インターネット回線
管理ツール:オリジナルコントロールパネル(日本語)
支払い方法:クレジットカード払い、銀行振込、口座振替、コンビニ払い
技術サポート:無償メールサポート(提供料金に含む)
納期:お申込み後、最短3分(クレジットカード払いの場合)
お申込書到着後、3営業日(請求書払いの場合)

【提供価格(税込)】(基本プラン)
初期費用:5,250円
月額料金:4,800円(クレジットカード払いの場合)
     5,640円(請求書払いの場合)
【オプション料金(税込)】
DNSアウトソーシング 初期費用:1,050円、月額料金525円
Web改ざん検知サービス 初期費用:2,100円、月額料金2,100円から

【主な機能】
(1)マイグレーション [高い安定性とセキュリティ]
リソース使用状況に応じて、空きリソースのあるサーバーへ自動移行するので、従来の共用ホスティングサービスと比較して、他のお客さまの仮想サーバーの高負荷によりサーバーが停止してしまう影響を抑えます。
(2)フェイルオーバー [高い安定性とセキュリティ]
ホストサーバーの故障時でも、代替サーバーに自動移行し、自動復旧するので、従来のサービスと比較して故障によるダウンタイムが短縮されることが期待できます。
(3)ポートマップ機能 [高い安定性とセキュリティ]
不正アクセスの防止のため、サーバーをプライベートアドレス空間に設置し公開するポートだけをインターネットに開放する設計としています。公開するポートの設定はコントロールパネルを使いクリック操作で行うことが可能です。
(4)オンデマンドスケールアップ [柔軟なリソース変更と料金体系]
オンデマンドで即時に、サーバーを停止することなく、HDD容量、メモリ、CPUを拡張することができます。最大で、HDD容量1TB、メモリ16GB、CPU4コア共用まで可能です。
(5)オンラインサインアップ [使いたい時にすぐに使える]
ウェブサイトからお申込みいただくとクレジットカード払いの場合、最短3分でサーバー開通します。サーバー開通後は、インターネット経由でサーバー操作・管理ができるため、すぐに利用することができます。請求書払いの場合、申込書弊社到着から概ね3営業日で開通します。


<今後提供予定の機能>
(6)オートスケールアップ [高い安定性とセキュリティ・柔軟なリソース変更と料金体系]
あらかじめ予約しておいたリソース値まで、ご利用状況に応じて、サーバー停止することなく、システムが自動でリソースを拡張します。突発的なアクセス増加にも自動でリソースが拡張されます。(2011年春頃提供開始予定)
(7)時間単位従量課金 [柔軟なリソース変更と料金体系]
リソースを利用した分だけ、時間単位でお支払いいただく従量課金プランを用意します。最大料金を設定できるので、予算オーバーする心配がありません。(2011年春頃提供開始予定)
(8)オートスケールアウト [高い安定性とセキュリティ・柔軟なリソース変更と料金体系]
リソースの使用状況に応じて、自動でサーバー増設(クローニング)します。複数台構成で負荷分散を行うので、1台の仮想サーバーで処理しきれないアクセスでもシステムが自動で対処することができます。(2011年秋以降対応予定)

Verioからのエンドースメント
「Verioは、仮想化技術の発展著しいアメリカ市場で、10年以上前より当技術開発に携わってきました。Verioのクラウドプラットフォームは、Verioがこれまで世界各地で提供している仮想化専用サーバーの運用ノウハウと、クラウド技術の開発ノウハウを組み合わせた先進性を有しています。Verioは、NTTPCコミュニケーションズ社との連携を皮切りに、今後とも世界の パートナーに新技術のサプライヤーとして役立っていきたいと考えています。」 (VERIOクラウドプロダクト開発責任者Mitch Merrifield, VERIO, Inc)



<お問い合わせについて>
【お客さまからのお問い合わせ】
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
インフォメーションセンター
TEL:0120-725861
E-mail:cloud-staff@arena.ne.jp
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事