logo

Sigma Offshore社に600万米ドルの資金注入

Aberdeen, Storbritannia, May 4, 2010 - (JCN Newswire) - 先駆的な石油・ガス生産船舶用係留・液体転送システムを開発した企業、Sigma Offshore社は、グローバル石油ガス・サービス企業のNational Oilwell Varco社、Scottish Enterprise社のScottish Venture Fund、およびベンチャーキャピタル企業Energy Ventures社から、合計400万英国ポンド(610万米ドル)の資金を確保しました。

Aberdeen, Storbritannia, May 4, 2010 - (JCN Newswire) - 先駆的な石油・ガス生産船舶用係留・液体転送システムを開発した企業、Sigma Offshore社は、グローバル石油ガス・サービス企業のNational Oilwell Varco (NOV)社、Scottish Enterprise社のScottish Venture Fund (SVF)、およびベンチャーキャピタル企業Energy Ventures社から、合計400万英国ポンド(610万米ドル)の資金を確保しました。


これは、Scottish Enterprise社のScottish Venture FundからSigma社への2回目の資金提供で、Energy Ventures社からの3回目の投資です。


アバディーンに本社を置くSigma Offshore社は、今回確保した新たな資金により、同社の世界的拡大の促進や、革新的なSmart Mooring System (SMS)などの移動式生産ソリューションの開発を続行することができます。


同社では、SMSを、メキシコ湾・南米・西および北アフリカ・北海・東南アジア・オーストラリアの海上採掘市場向けソリューションとして提供しています。競合各社の係留システムのコストは2,500万英国ポンド(3,810万米ドル)から5,000万英国ポンド(7,630万米ドル)ですが、カスタムオーダー式のSMSのコストは1,000万英国ポンド(1,530万米ドル)から3,000万英国ポンド(4,600万米ドル)以上となっています。


Sigma Offshore社最高経営責任者兼社長のAlistair Dornanは、次のように述べました。「Sigma Offshore社の全社員は、今回ご投資いただいたことで意気を高めております。NOV社のような評判の高く規模の大きい企業に支援していただいたことは、弊社の開発した技術の可能性の高さを示すものです。これは、弊社にとって非常にうれしいニュースです。」


Scottish Enterprise社投資マネジャーのDerek Shaw氏は次のように述べました。「今回、弊社の投資パートナーのEnergy Ventures社とともに第2投資ラウンドを通じてSigma Offshore社への支援を続行させていただくことを光栄に感じています。また、National Oilwell Varco社のような石油・ガス業界のグローバル企業が行う重要な投資の結果、Sigma Offshore社がさらに成長する可能性にたいへん期待しております。」


Energy Ventures社パートナーのGreg Herrera氏は次のように述べました。「弊社では、今回の投資が、景気回復傾向にあるFPSO市場のビジネスの刺激要因となると予測しています。Sigma Offshore社の将来に大きく期待しております。」


今回の新規投資は、昨年5月に確定したScottish Enterprise社Scottish Venture FundとEnergy Ventures社からの200万英国ポンドの資金提供に続くものです。Sigma社が確保した投資の内訳は、SVFから100万英国ポンド、Sigma社への当初の出資者で大株主のEnergy Ventures社が残りとなっています。


Scottish Venture Fund (SVF)は、Scottish Enterprise社がスコットランド政府と共同で設立したファンドです。Energy Ventures社は、エネルギー分野の成長技術企業を専門とする企業で、ノルウェーに本社があり、スタバンゲル、ヒューストン、アバディーンに事業所があります。


Smart Mooring Systemは、石油・ガス生産船舶向けの、コスト効率の高い外部タレットおよび液体転送システムで、非常に高い耐風性能を持ちます。このシステムの特長は、厳しい環境下でも操業可能であることに加え、効率の高い接続・再接続システムを持ち、船体の侵食が最小化され、整備コストも低くなっていることです。


同社は、多くの用途向けにさまざまな効率的な方法で実績ある技術を使用しているSMSにより、お客様のコストが最大30%まで節約されると考えています。


Sigma Offshore社は、米国およびノルウェーでの事業拡張に伴い、Allan Millmakerを事業開発担当執行副社長に、Eirik Refstieを事業開発担当副社長に任命しました。Allan Millmakerはヒューストンを本拠に活動し、Eirik RefstieはSigma社オスロ事業所の指揮を執ります。


FSOおよびFPSO係留および液体転送ソリューションの他、Sigma Offshoreでは、拡張油井テスト・システム、海上生産輸出システム・ソリューション、海底ソリューション、およびプロジェクト管理なども提供しています。


プレスリリースは、Sigma Offshore社の代理として、Engage PR (UK)により発行されています。


このプレスリリースに関連する写真の表示は、次のリンクをご覧ください。
リンク


お問い合わせ先:
Engage PR
James Donaldson
Tel: +44 (0)7894 991537
URL: www.sigmaoffshore.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。