logo

インドの電子セキュリティ市場を牽引するCCTV

インドの市場調査会社RNCOS 社がインドの監視カメラ(CCTV)市場を調査した「インドの監視カメラ市場分析 - Indian CCTV Market Analysis」を出版

急速な都市化や経済の自由化によって、インドのセキュリティ市場には良い影響と悪い影響が出てきている。悪い影響とは、社会のあらゆる層において犯罪発生率が増加していることである。現在のような経済の発展とセキュリティ上の脅威は今後も継続するため、セキュリティシステムの産業は大きく発展することになるだろう。インドの電子セキュリティ産業の成長を促進する、二番目の大きな要因は、電子システムの価格の下落であるだろう。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「インドの監視カメラ市場分析 - Indian CCTV Market Analysis」によれば、近年、インドの電子セキュリティ市場は、年平均成長率(CAGR)30-35%で成長し続けている。過去の数件のテロ攻撃によって、インドでは年中無休(24x7)の監視体制の需要が高まった。この調査レポートは、2012年末まではCCTVがインドの電子セキュリティ市場の約39%を占めて、最大のシェアをたもつだろうと報告している。

この調査レポートは、インド市場への多国籍企業の参入に伴って、通信、港湾、空港、鉄道、道路、エネルギー、建設、小売などの分野で、安全機器やセキュリティ機器の需要が急速に促進していると報告している。特にCCTV市場は急速に成長しており、2009年には約40%の成長となるだろう。また、行政は、公共の場と重要な政府の建造物に監視テレビを設置しようとしている。

この調査レポートは、インドのCCTV市場に関する幅広い調査と論理的な分析を行っている。インドのCCTV監視システムの需要を促進する要因と、政府のセキュリティ対策についても調査している。様々なエンドユーザの電子セキュリティ市場に対する需要と、CCTV企業にとっての重要性について述べている。近い将来に監視システムの需要が高まる地域の市場と、インドのCCTV市場の主要企業について記載している。

【調査レポート】
インドの監視カメラ市場分析
Indian CCTV Market Analysis
リンク

◆RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事