logo

オフデッキのLBS

キャリア以外の位置情報アプリケーションとコンテンツ

長い期間、LBS市場はキャリヤによってほとんど制御されてきたが、新世代のオフデッキのLBSプラットフォームが、市場の競争レベルや適用アプリケーションに変革を促し、利用者数を格段に増加させつつある。Nokia、Google、TomTomなどの既存企業も、小規模の新興企業も、LBSサービスを提供する新しいスマートフォンアプリケーションの市場を受け入れている。オフデッキのLBSは、クラウドリソースの位置情報コンテンツや広告料金によるビジネスモデル、いくつかのポジショニング技術、クチコミマーケティング(バイラルマーケティング)をベースとした新しいパラダイムを採用している。
この調査レポートは、このようなLBS技術の環境を査定し、主要なプラットフォームと関連企業、市場促進要因と阻害要因、価格モデルと適用技術などの詳細な情報を記載している。アプリケーション毎、プラットフォーム毎、地域毎の事業化や収益予測も記載している。


【調査レポート】
オフデッキのLBS:キャリア以外の位置情報アプリケーションとコンテンツ
Off-Deck LBS:Carrier Independent Location Applications and Content
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事