logo

セシオス、携帯電話を使用したオープンソースベースのワンタイムパスワードソリューション「Secioss OTP」を提供開始

株式会社セシオス(東京都豊島区、代表取締役 関口薫)は、本日、携帯電話を使用したオープンソースベースのワンタイムパスワードソリューション「Secioss OTP」の提供を開始します。
トークンに、従来のような専用機器ではなく、誰でも持っている携帯電話とオープンソースのソフトウェアトークンを利用することで、機器の購入やユーザへの配布コストを無くし、大幅なコスト削減を実現しました。

Secioss OTPは、ソフトウェアトークンにより60秒毎に生成される1回限り有効なパスワードによって本人認証を行います。


Secioss OTPのソフトウェアトークンは、GPLライセンスのオープンソースソフトウェアです。ドコモ、au、Softbankの3キャリアに対応しており、インターネット経由で携帯電話にダウンロードして利用することができます。
Secioss OTPの認証サーバは、LinuxまたはWindows Serverで動作し、インターフェースとしてREST、及びオプションでRADIUSを提供しておりますので、WebアプリケーションやVPN、Unix系OSの認証を簡単にワンタイムパスワードに変更することができます。
さらに、セシオスのSecioss Identity Suite Cloud EditionやSecioss Access Manager Enterpriseと連携することで、Google AppsやSalesforce等のSaaSサービスにワンタイムパスワード認証を適用することが可能です。


Secioss OTPの価格は、500ユーザでサブスクリプション・ライセンスが年間72万円と他社類似製品に比べて大幅な低価格を実現しました。




<お問い合わせ先>
株式会社セシオス
TEL 03-6902-1764
〒171-0014 東京都豊島区池袋4-36-17 ASS第3ビル601
Email info@secioss.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。