logo

国際糖尿病連合会長、糖尿病の爆発的広がりを食い止めるための協調行動を呼びかけ

Montreal, Quebec, Oct 23, 2009 - (JCN Newswire) - 国際糖尿病連合(IDF)が新たに発表したデータによれば、糖尿病患者数は歯止めなく増加し続けています。データの数字から明らかになったのは、糖尿病の拡大傾向に変化をもたらすための施策を取らなければ、2030年までに糖尿病患者数が4.40億人弱になるということです。IDF第20回世界糖尿病会議閉会の際の記者会見で、カメルーン出身のJean Claude Mbany会長は、この数字に対する懸念を表明しました。

Montreal, Quebec, Oct 23, 2009 - (JCN Newswire) - 国際糖尿病連合(IDF)が新たに発表したデータによれば、糖尿病患者数は歯止めなく増加し続けています。データの数字から明らかになったのは、糖尿病の拡大傾向に変化をもたらすための施策を取らなければ、2030年までに糖尿病患者数が4.40億人弱になるということです。IDF第20回世界糖尿病会議閉会の際の記者会見で、カメルーン出身のJean Claude Mbany会長は、この数字に対する懸念を表明しました。

「私どもでは、現在の糖尿病患者数が2.85億人に上るという暗いニュースを発表したばかりです。当方のデータによれば、低中所得諸国が糖尿病の負担に苛まれており、まもなく糖尿病患者の5人に4人は低中所得諸国の国民が占めることになります。もっとも影響を受けているのは男女とも労働年齢で、家族の生計を支えている人々です。糖尿病は、経済を弱体化しかねない開発問題となっています。」(1)

(1) IDF糖尿病アトラス第4版、国際糖尿病連合、2009年。

世界糖尿病会議で選出された会長は、彼の任期中に、特に糖尿病治療に関する2つの緊急課題に取り組むと述べました。1つめは、糖尿病患者が、病気を管理し合併症を予防するのに必要な、質の高い治療と適切な情報を盛り込んだ指導を受けられるようにすべきであること。2つめは、初段階で人々が糖尿病に罹患するのを食い止める必要があることです。

IDF会長は、患者が自分の治療において、適切な情報を持って中心的な役割を果たせるように、糖尿病教育が受けられる機会を増やすことが必要だと強調しました。「世界的な観点から見ると、合併症・うつ病・早期死亡につながりかねない状況にある糖尿病患者は、自分が一人ぼっちであると感じてしまう場合が多くあります。私たちは、人々の認識を高め、健康教育を提供する必要があります。それにより、病気が引き起こしかねない痛ましい状況を予防または先送りできるように、確実に糖尿病が早期発見されるように図り、新たに診断された患者が治療の過程にそってガイドを受けられるように努めなければなりません。」

IDFのデータによれば、2型糖尿病へ進行する危険の高い耐糖能異常(IGT。前糖尿病ともいいます)患者の数もまた、憂慮すべきレベルにまで達しています。推定3.44億人が現在前糖尿病の状態にありますが、今の状況が続けば2030年までに4.72億人に増加すると予想されています。(2) Mbanya教授は、この数字を、健康教育を中心に据えた健康促進策の必要性を示すものであると考えています。「私たちは、人々が糖尿病へ向かおうとするのを食い止めなければなりません。人々が病気になる前に、行動を起こす必要があります。これはたいへんな挑戦です。必要な行動変化を働きかけ、健康な環境を整えるには、分野をまたがった画期的な協力活動が必要です。」

(2) IDF糖尿病アトラス第4版、国際糖尿病連合、2009年。

Mbanya教授は、不健康なライフスタイルを大ヒットしたグローバルブランドに例え、糖尿病の爆発的広がりに油を注いでいる社会的・文化的・市場経済的な強い推進力に抗うことは、すさまじい挑戦課題となるだろうと認識しています。しかし彼は、行動を起こさなければいけないと、繰り返し強調しました。感染症に立ち向かった時と同じ熱意を持って、糖尿病やその他の関連疾患の広がりに対応するため、彼は国際社会や寄贈者を訪問しました。各国政府には、健康な生活が選択可能でかつ費用のかからないものにするよう、また、糖尿病やいわゆる生活習慣病を防ぐために最大限の努力をするように、要求しました。

Mbanya教授は、次のように述べました。「これは容易なことではありませんが、立ち向かわなければならない闘いでもあります。理由は簡単です。例えるなら、水浸しの床をモップで永遠に拭き続けるか、蛇口まで歩いて行って水を止めるかを選ぶようなものです。」

概要: 国際糖尿病連合(IDF)

国際糖尿病連合(IDF)は、160か国以上200団体以上の参加協会を統括する組織で、2.85億人以上の糖尿病患者とその家族や、医療提供者を代表しています。IDFの使命は、糖尿病医療・予防・治療法について世界に広く知らしめることです。主要な活動には、糖尿病患者と医療専門家への教育や、公共向け意識喚起キャンペーンや、情報の広報や交換などがあります。IDFは、WHOと正式に関係を結び、国連広報局とも連携している非政府組織(NGO)です。IDFは、世界糖尿病会議を2年おきに開催しています。さらに詳しい情報については、 www.idf.org をご覧ください。

お問合せ先:

メディア問い合わせ先:
国際糖尿病連合
Kerrita McClaughlyn (メディア向け広報担当)
モバイル:+32 487-530-625

IDFプレスルーム(モントリオール):
+1 514-789-3407 and +1 514-789-3409
電子メール:media@idf.org

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事