logo

エンバカデロ、データベース設計から企業システムの設計までを 強力に支援するER/Studio Enterprise 8.5を発売

本最新バージョンでUMLモデリング機能とコラボレーション、レポート機能を強化、大規模システムのチーム開発を効率よく推進

この資料は2009年10月7日(現地時間)米国カリフォルニア州サンフランシスコにて発表されたプレスリリースの抄訳です。

・データ設計に加えビジネスモデリング、ソフトウェアモデリングに対応したモデリング/設計ツールの最新バージョン
・開発者とビジネスユーザー間のモデルレビューの効率化、Web 2.0テクノロジーによる新しいワークフローコミュニケーションを実現
・プロセス、データモデル、ソフトウェアアーキテクトのドキュメント集中管理も可能
・UMLによるアプリケーションモデリングのための新ツール(ER/Studio Software Architect)が追加
・米国では10月7日より販売開始、日本語版については、2009年12月リリース予定

【2009年10月7日(現地時間) - 米国カリフォルニア州サンフランシスコ】データベースツールと開発ソフトウェアの独立系ツールベンダーであるエンバカデロ・テクノロジーズ(本社:米国サンフランシスコ、CEO ウェイン・ウィリアムズ)は本日、 ER/Studio® Enterprise 8.5のリリースを発表しました。エンバカデロの実績あるデータモデリングツールの最新バージョンでは、プロセスモデリング、データモデリング、アプリケーションモデリング、レポート機能を統合し、完全な設計/モデリングソリューションを提供します。

ER/Studio 8.5に搭載された新機能を用いれば、開発者とビジネスユーザー間のモデルレビューを容易にし、システム間でのデータの派生関係の確認を自動化できるなど、データアーキテクトの業務を効率化できます。さらに、プロセス、データモデル、ソフトウェアアーキテクトのドキュメントの集中管理も可能です。こうした機能向上の結果、アーキテクトは、組織全体にわたって、ソフトウェア、データ、エンタープライズアーキテクチャを容易に理解、設計、コミュニケーション可能になり、トレーサビリティの向上とコラボレーション、データの再利用の促進が可能になります。

「信頼性、パフォーマンス、イノベーションというキーワードで、多くのERwin®ユーザーが日々 ER/Studio に乗り換えています。アーキテクトは、時間がないときにこそ、安心して成果物を提供できるツールを必要とします。データ管理チームは、信頼性の低い劣ったツールを使って、生産性の低下を招くようなことはできません。ER/Studio 8.5は、エンタープライズアーキテクチャならびにUMLモデリング機能、モデルレビューとデータモデラーフィードバックの自動化、チーム/エンタープライズコラボレーションおよびコミュニケーションを強化する新機能を搭載しています。」

エンバカデロ・テクノロジーズ 製品担当副社長
マイケル・スウィンデル

ER/Studio Enterprise 8.5のその他の新機能は、以下のとおりです。

・ER/Studio Repository と ER/Studio PortalのER/Studio Business Architect への統合。これにより、セキュアなコラボレーション環境下で、設計プロセス、概念/論理/物理モデルの理解を促進
・ER/Studio Data Architect とER/Studio Portal 間での双方向コミュニケーションのようなWeb 2.0テクノロジーによる新しいワークフローコミュニケーション機能を搭載。これにより、モデラー以外のメンバーとのコミュニケーションとモデルレビューを効率化
・関連するコンテンツをカタログ化/タグ分類可能なER/Studio Portal内でのオブジェクトラベリング
・ビジネスモデリングおよびソフトウェアモデリングのための新しいUMLモデリング機能
・Oracle、SQL Server、DB2 LUW、InterBase、Teradataの最新バージョンをサポートしたDBMS機能
・HTML、RTF、GIF、PNG、JPEG形式の強力かつ洗練されたレポートオプションにより、モデルとメタデータを共有可能

ER/Studioは、有機的な拡大を続け、複雑なデータ管理の問題を解決できるモデリング/設計ツールを探している競争製品のユーザー(例:CA ERwin)から新規ユーザーを獲得することで、マーケットで最も著しく成長しているデータベース設計/モデリングツールの地位を維持しています。

■エンバカデロのモデリングスイートER/Studio Enterprise 8.5
エンバカデロのモデリングツールスイートは、データアーキテクト、開発者、データベース管理者の厳しい要求に応える、ビジネスプロセスモデル、概念モデル、論理モデル、物理モデルの分析、設計、作成、メンテナンスのための完全な環境を提供します。エンバカデロの強力なモデリングスイートには、データモデリングとデータベース設計のためのツール(ER/Studio)、コラボレーションモデリングとセキュリティのためのサーバーサイドモデルリポジトリ(ER /Studio Repository)、メタデータ検索とレポート(ER/Studio Portal)、ビジネスプロセスと概念モデリング(ER/Studio Business Architect)が含まれており、今回、UMLによるアプリケーションモデリングのための新しいツール(ER/Studio Software Architect)が加わりました。

■日本における展開について
ER/Studio Enterprise 8.5英語版は、本日10月20日より販売開始します。製品には、シングルプラットフォーム版とマルチプラットフォーム版が用意されています。また、日本語版については、2009年中のリリースに向けて、現在開発を進めています。詳細については、www.embarcadero.com/jp/products/er-studio をご覧ください。

さらに、Embaracdero All-Accessユーザーは、ER/Studio 8.5英語版を直ちに利用できるほか、日本語版リリース時には、日本語版についても利用可能になります。

■エンバカデロ・テクノロジーズについて
エンバカデロ・テクノロジーズは、1993年にデータベースツールベンダーとして設立され、2008年にボーランドの開発ツール部門「CodeGear」との合併によって、アプリケーション開発者とデータベース技術者が多様な環境でソフトウェアアプリケーションを設計、構築、実行するためのツールを提供する最大規模の独立系ツールベンダーとなりました。米国企業の総収入ランキング「フォーチュン100」のうち90以上の企業と、世界で300万以上のコミュニティが、エンバカデロのDelphi、C++Builder、JBuilderといったCodeGear製品やER/Studio、 DBArtisan、RapidSQLをはじめとするDatabaseGear製品を採用し、生産性の向上と革新的なソフトウェア開発を実現しています。エンバカデロ・テクノロジーズは、サンフランシスコに本社を置き、世界各国に支社を展開しています。詳細は、www.embarcadero.com/jp をご覧ください。

Embarcadero、 Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事