logo

世界のデジタルサイネージ市場分析

液晶ディスプレー、プラズマディスプレー、ソフトウェア、ビジネスケース

デジタルメディア技術によって、企業がビジネスプロセスを最適化したり、メディア会社が顧客に高度なサービスを配信することができるようになったことから、状況は一変した。また、新たな配信メカニズムは、市場関係者が革新的な戦略によって、顧客に効果的に接触することも可能にした。この新技術であるデジタルサイネージは、マーケティングのルールを書き替え、雇用者や顧客への企業の情報配信をより効果的なものにした。
ここでいうデジタルサイネージとは、特定の場合に、正しい対象に適切なメッセージを、ネットワークによって効果的で効率的に配信する様々な製品のことである。消費者のテレビや印刷物離れが進んでおり、デジタルサイネージシステムは、広告主や市場関係者や企業にとって有効な手段となっている。デジタルサイネージには非常に大きなビジネスチャンスがあるものの、適正な規格の欠如やROIなどの効果測定の難しさなどの課題もあり、主流の技術となりえてはいない。

【調査レポート】
世界のデジタルサイネージ市場分析:液晶ディスプレー、プラズマディスプレー、ソフトウェア、ビジネスケース
World Digital Signage Market Analysis: LCD and Plasma Displays, Media Players,Software, and Business Case
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。