logo

米国のエタノール生産の成長が促進する世界のバイオ燃料市場

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「世界のバイオ燃料市場調査 2009年:市場概況、地域/国別動向、将来予測 - Global Biofuel Market Analysis」のプレスリリースにおいて、世界のエタノール生産は2009-2018年にCAGR6.04%で成長し、338億9500万ガロンに達するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース抄訳】
インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界のバイオ燃料市場調査 2009年:市場概況、地域/国別動向、将来予測 - Global Biofuel Market Analysis」は、世界のエタノール生産は2009-2018年にCAGR6.04%で成長し、338億9500万ガロンに達するだろうと報告している。世界の各国政府の優遇税制と補助金によって、バイオ燃料価格は競争的になっているが、生産を押し上げる主要因となってもいる。さらに、多くの国々では、食料価格の高騰やバイオ燃料の価格低減のため、木材や廃棄物(非食用作物)などから生産する次世代のバイオ燃料に向かっている。

2008年の米国のエタノール生産量は世界の44%を占めた。MTBEの段階的な撤廃に伴う政府のE85燃料導入計画によって、米国のエタノール需要が高まっている。米国は、ブラジルから大量のエタノールを輸入しているため、ブラジルはエタノール生産能力を拡大している。

また、米国のバイオディーゼル生産も2005-2008年の数年間成長しており、2008年には7億ガロンに達した。バイオディーゼル混入業者の税免減プログラム(Biodiesel Blenders Tax Credit Programs)やCCC(Commodity Credit Commission、商品金融公社)バイオエネルギープログラム(Commodity Credit Commission Bio-energy Program)もできて、米国のバイオディーゼル生産を強力に推進している。

【調査レポート】
世界のバイオ燃料市場調査 2009年:市場概況、地域/国別動向、将来予測
Global Biofuel Market Analysis
リンク

【RNCOSについて】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]