logo

無線通信を利用した遠隔医療(テレヘルス)

医療分野の組込みセルラー技術

この調査レポートは、個人と遠隔にいる看護者の通信を、医療向けデバイスに組み込まれるセルラーモジュールによって実現する、エンドユーザ向けの組込みセルラーの接続性の市場機会を査定している。この調査レポートでは、このような用途をまとめて「テレヘルス」と称している。具体的に最もよく利用されているのは、遠隔患者監視システム(RPM、remote patient monitoring)である。また、健康な高齢者や障害者をモニターする生活補助環境(Ambient Assisted Living) 等も含まれる。


◆調査レポート
無線通信を利用した遠隔医療(テレヘルス):医療分野の組込みセルラー技術
Wireless Telehealth
Embedded Cellular Technology in Healthcare Applications
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]