logo

3Gホームフェムトセルは、2014年に90億ドル以上のサービス収益

英国の調査会社ジュニパーリサーチ社は出版レポート「3Gフェムトセル市場調査:技術、市場成長促進要因、2014年までの予測 - 3G Femtocells and Beyond: Opportunities & Service Scenarios in the Home 2009 - 2014」のプレスリリースにおいて、3G携帯電話の加入者が利用するフェムトセルベースのサービスは、2014年には年間90億ドル以上になるという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】
3G携帯電話の加入者が利用するフェムトセルベースのサービスは、2014年には年間90億ドル以上になるだろうと、英国調査会社ジュニパーリサーチ社は報告している。

調査レポート「3Gフェムトセル市場調査:技術、市場成長促進要因、2014年までの予測 - 3G Femtocells and Beyond: Opportunities & Service Scenarios in the Home 2009 - 2014」は、フェムトセル接続ポイントは、今後2-3年で数百万レベルまで増加するだろうと報告している。北米、極東、中国、西欧の先進国での成長が継続し、2014年にはこれらの地域のサービス収益の合計が9割以上を占めるだろう。

フェムトセルは、モバイルネットワークオペレータの必勝法である。
最近、フェムトセル産業は、干渉管理、アーキテクチャ、ビジネスケースなどの分野で画期的に発展した。調査レポートの著者であるHoward Wilcox氏は、「3Gフェムトセルは、先進国市場でマス市場に達しようとしている。フェムトセルは、モバイルオペレータの必勝法である。屋内の補完技術としてでなく、解約率を下げ、バックホールコストを削減し、新たな収益減となるだろう」と述べている。

調査レポートは、下記についても調査した。
■ 2010-11年には、ベンダやモバイルオペレータにとって、数百万ドルの収益機会があるだろう
■ モバイルオペレータは、多くの先進国でのトライアルを終え、吸引力やブランド力のある消費者サービスの提案の段階にはいる

ジュニパーリサーチ社は、フェムトセルの普及率やサービスパッケージの魅力によって異なる、接続ポイントやサービス収益のビジネスチャンスへの影響を評価し、フェムトセル市場が立ち上がる際のシナリオを描き出している。
すべての主要市場の指標(単独/統合接続ポイント、加入者数、4種のサービスパッケージそれぞれのサービス収益)の6年間の予測も記載している。


【調査レポート】
3Gフェムトセル市場調査:技術、市場成長促進要因、2014年までの予測
3G Femtocells and Beyond
Opportunities & Service Scenarios in the Home 2009 - 2014
リンク

ジュニパーリサーチ社 (Juniper Research)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

3G Home Femtocells Service Revenues ($m): Split by 8 Key Regions 2009-2014

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。