logo

消費者向けハイブリッド車

米国の調査会社NextGenリサーチの市場調査レポートが3月に刊行されました。

名前からも分かるように、ハイブリッド車は推進燃料としていくつかの動力源を併用している。通常、規格の内熱エンジン(ICE)と電気モーター、電池パックが組み合わさったものである。電気モーターであれば車は低速で動く。スピードを上げる場合はガスエンジンが作動する。電気モーターを使うと燃費効率は大幅にアップし、電気モーターが作動している時は排気ガスは出ない。米国の調査会社NextGenリサーチの調査レポート「消費者向けハイブリッド車」は、消費者向けハイブリッド車市場は、世界の販売台数が55万台だった2008年から年平均成長率28%で成長し、2013年には190万台に達すると予測している。


◆調査レポート
消費者向けハイブリッド車:直列方式、配列方式、マイルド方式、フル配列、アシスト方式のハイブリット車
リンク
◆米国nextgenリサーチについて
リンク
◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。