logo

日本アバイア、ブラウザベースのプレゼンス機能付ソフトフォン、 iPhoneに対応したモバイルアプリケーションなどUC製品群を提供開始

~あらゆるビジネスシーンで一貫したテレフォニー・エクスペリエンスを提供するone-X製品群を拡充~

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤井 克美)は本日、
あらゆるビジネスシーンで一貫したテレフォニー・エクスペリエンスを
提供するユニファイド・コミュニケーション(UC)ソリューションの
新製品群を提供開始します。

Press Release
2009年3月27日

******************************************************
日本アバイア、ブラウザベースのプレゼンス機能付ソフトフォン、
iPhoneに対応したモバイルアプリケーションなどUC製品群を提供開始
~あらゆるビジネスシーンで一貫した
テレフォニー・エクスペリエンスを提供するone-X製品群を拡充~
******************************************************

日本アバイア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:藤井 克美)は本日、
あらゆるビジネスシーンで一貫したテレフォニー・エクスペリエンスを
提供するユニファイド・コミュニケーション(UC)ソリューションの
新製品群を提供開始します。

■「Avaya one-X Portal 1.1」:
Webブラウザベースのプレゼンス機能付きシンクライアント型ソフトフォン

■「Avaya one-X Communicator 1.0」:
オフィスの電話機と同等の機能をもつプレゼンス機能付きソフトフォン

■「Avaya one-X(R) Mobile 1.1」:
iPhone(TM)(アイフォーン) 3GおよびWindows Mobile(R)端末
対応のUCアプリケーション

これらのUCアプリケーションは、企業内のIP-PBXにアクセスし、
ワンナンバー(会社の電話番号)で、通話履歴を共有しながら、
会社の電話機とほぼ同等の機能を提供します。
ビジネスパーソンは、ビジネスシーンに最適なアプリケーションを選択し、
会社の電話を最大限に活用して、コミュニケーションを効率化することができます。
「Avaya one-X Communicator 1.0」と「Avaya one-X Portal 1.1」は、
同時に提供開始する、アバイア以外の異なるプラットフォームや
デバイスのプレゼンス情報を統合するサーバー「Avaya Intelligence
Presence Server 1.0」に対応し、プレゼンス機能もサポートします。

今回発表する製品は、UCアプリケーションとUCを実現するために必要となる
ミドルウェアを組み合わせたアプリケーション・パッケージ
「Avaya Unified Communications Standard Edition」に含まれており、
1ユーザーあたり、50ドル(参考価格:グローバルの定価)で提供します。
また、IP-PBX「Avaya Communication Manager」のEnterprise Editionには
標準でバンドルされます。

ビジネスにおける電子メールの利用が一般的になった今も、
リアルタイム性とインタラクティブ性から電話(音声コミュニケーション)は
ビジネスコミュニケーションに不可欠なツールです。
しかし、オフィスの電話、会社の携帯電話、個人の携帯電話など複数の
電話番号を複数のデバイスで使用するビジネスパーソンも多く、
通話履歴や電話帳が統合できない、デバイスにより使用できる機能が
異なるという課題がありました。
また、相手が電話を受けられる状況にあることを事前に知るためには、
相手のスケジュールの確認やインスタント・メッセージングを
併用する必要がありました。

アバイアは、このような課題を解決するため、異なるシーンで使用される
電話デバイス(オフィスの固定電話、ソフトフォンおよび携帯電話)を、
ひとつの電話番号、通話履歴、ユーザインターフェースで使用できるよう
「Avaya one-X(one-Xは、one-Experience:端末に依存しない機能性
/使い勝手を提供し、ユーザーのコミュニケーション効率を最大限に
向上する、を意味する)」製品群を拡充します。
すべてのデバイスは、企業内のIP-PBXを介して発着信するため、
転送や電話会議等オフィスの電話機能とほぼ同等の機能が使用できます。

さらに、ソフトフォンにプレゼンス機能を持たせることで、
ひとつのツールで、相手の状態をオンラインであるかどうかだけでなく、
通話状態まで確認可能にしました。Webブラウザベースのソフトフォンは、
ソフトフォンがインストールされていない自宅のパソコンからでも
関係者のプレゼンスを確認し、通話履歴から電話番号をクリックする
ことで電話を掛けること(Click-to-call)が可能です。
今回発表した製品の詳細は下記の通りです。


========================================
Webブラウザベースのシンクライアント型ソフトフォン
「Avaya one-X Portal 1.1」
========================================
「Avaya one-X Portal 1.1」は、ビジネスパーソンがWebブラウザを
立ち上げ、ログインするだけで、「Avaya one-X Portal」を
インストールしていない自宅のPC等から音声通話が可能な
シンクライアント型ソフトフォン・アプリケーションです。
ログイン時には、他の通話デバイス(PCや電話機)を選択すること
によって、コールバック方式で通話できます。
コールバック方式とはAvaya Communication Managerが
Avaya one-X Portalでダイヤルされた番号と選択した通話デバイス
の番号両方に電話をかける方式です。
企業のIP-PBXを介しているため、通信費用は会社負担となります。
また、プレゼンスやコールログに表示される連絡先を
Click-to-call(クリックしてそのまま発信)することで、
電話をすばやくかけることが可能です。
「Avaya one-X Portal 1.1」の特長は下記の通りです。

■Webブラウザベースのシンクライアント型ソフトフォン

■オフィス、在宅・出張等のリモート、モビリティーなど
様々なユーザー環境下で利用可能

■シングルインターフェース/ログインで、
プレゼンスを確認しながら、次のサービスが可能
 - 発信/受信、転送、保留(保留解除)、6人までの電話会議などの
  テレフォニー機能
 - ボイスメール、FAXを一覧表示するビジュアルボイスメール機能
 - IP-PBX「Avaya Communication Manager」が制御する
  該当内線への発着信、不在着信すべてを24時間表示するコールログ

■LDAP連携により、社内電話帳としても利用可能

■Avaya one-X CommunicatorおよびMicrosoft Office Communicator
との統合プレゼンス機能


=============================
高機能ソフトフォン・アプリケーション
「Avaya one-X Communicator 1.0」
=============================
Avaya one-X Communicator 1.0は、単一のインターフェースで、
高度な電話機能、ビデオ、ボイスメールをメールと同様に
一覧・選択できるビジュアルボイスメール、プレゼンス、eメール、
インスタント・メッセージング、ディレクトリおよび
通話履歴に対応した高機能ソフトフォン・アプリケーションです。
PCにインストールすることで、Avaya one-X Portalの機能に加えて、
下記の機能をサポートします。

■転送、保留、電話会議、連絡先、コールログのほかに
オフィス電話機とほぼ同等の機能

■ビデオ通話およびビデオ会議機能

■H.323、SIP対応
H.323とSIPの両プロトコルに対応しているため、
複数のコミュニケーション環境が混在している企業でも、
従業員を同じ電話会議やビデオ会議に参加させることができます。
また、段階的にSIPに移行することも可能です。


======================
「Avaya one-X Mobile 1.1」
======================
■ワンナンバーアクセス
会社の電話番号に掛かってきた電話をiPhone/ Windows Mobileに
同時に着信させることができます。
また、iPhone / Windows Mobile上のone-X Mobileから
ビジネスユースの電話を掛ける際は、相手先に会社の電話番号を
表示させることができます。これにより、ビジネスの相手に
携帯電話の番号を知らせることなく、会社の電話番号に
かかっていた電話にいつでもどこでも応答できます。

※携帯電話番号への着信も通常通り行えます。
発信のみ携帯電話番号からか会社の電話番号からを設定することが可能です。

■VIPスクリーニング
電話番号に応じた着信ルールの設定することができます。
例えば顧客からの電話は会社の電話とiPhone / Windows Mobileに
同時着信させ、それ以外の電話はボイスメールに応答させる等の設定ができます。

■コーポレートディレクトリ
会社のディレクトリにアクセスし、社員の氏名で電話番号を
検索することができます。
iPhone/Windows Mobileには会社の電話帳データは残らないため、
端末を紛失しても情報流出の心配はありません。

■通話履歴の表示/通話履歴からのコールバック
会社の電話に掛かってきた通話履歴を表示できます。
また、通話履歴から電話を掛けたい相手を選択することで
コールバックすることが可能です。

■ビジュアルボイスメール
会社の電話番号に掛かってきたボイスメールを一覧表示し、
自分の聞きたいメッセージから順番に再生することができます。
通常は、会社のボイスメール番号に電話を掛けると
新着メッセージから順に再生されますが、電話を掛ける手間を掛けず、
効率的にボイスメールを聞くことができます。


==================================
プレゼンスサーバー
「Avaya Intelligence Presence Server 1.0」
==================================
様々なアプリケーションのプレゼンス情報を統合し、場所、時間、
ネットワークの種類、プラットフォーム、チャネル、デバイスに
かかわらずリアルタイムなコミュニケーションを実現するサーバーです。
他社のクライアントとしては、まずMicrosoft Office Communicatorの
プレゼンス情報を統合しました。
今後のリリースではその他クライアント、アプリケーションの
プレゼンス情報も統合する予定です。


-----------------------
アバイア(Avaya Inc.)について
-----------------------
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ)は
企業向けコミュニケーション・システムのグローバル・リーダーです。
アバイアは、ユニファイドコミュニケーション・ソリューション、
コンタクトセンター向けソリューションおよび関連サービスを直接、
またはチャネルパートナーを通じて世界中の企業に提供します。
企業の業務効率、コラボレーション、顧客サービスおよび競争力を向上する
アバイアの最先端のコミュニケーションテクノロジーは、あらゆる
規模の企業に利用されています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

※Avaya、アバイアのロゴおよびAvaya one-XはAvaya Inc.の登録商標です。
その他すべての商標は個々の商標権者に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。