logo

SaaS型ファイルサーバーホスティングサービス「セキュアSamba」に仮想化プラン提供開始。

スターティアは、同社が提供を行うSaaS型ファイルサーバーホスティングサービス「セキュアSamba(サンバ)」に、従来の半額で利用できるリミテッドプランの提供を開始致しました。

2009年2月5日
スターティア株式会社
代表取締役社長 兼 最高責任者 本郷 秀之
(コード番号 3393 東証マザーズ)


【ニュースリリース】
===========================================================
SaaS型ファイルサーバーホスティングサービスに新プラン
従来の半額で利用できる仮想専用サーバープラン開始
===========================================================


 スターティア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者:本郷秀之、証券コード3393、以下「スターティア」)は、同社が提供を行うSaaS型ファイルサーバーホスティングサービス「セキュアSamba(サンバ)」(以下「セキュアSamba」)に、従来の半額で利用できるリミテッドプランの提供を開始致しました。
 「セキュアSamba」はオープンソースソフトウェアであるSambaを利用したSaaS型ファイルサーバーホスティングサービスです。専用のソフトウェアがインストールされたPCであれば、社内にファイルサーバーがあるのと同感覚で拠点間のファイル共有を行うことが可能です。
 今回の「セキュアSamba」リミテッドプランは、仮想化技術を利用したサービスで、従来のプランよりも半額の費用で「セキュアSamba」が利用できる廉価版になります。本プランは、ディスク容量が100GB、利用ユーザーは20アカウントまでとなっており、従来のプランとほぼ同様の機能が利用できます。またアカウントを追加することで最大50ユーザーまでの利用が可能です。
 サービス提供開始の背景としまして、「セキュアSamba」は、デザイン会社や建築会社など大容量のデータを使用するユーザーを中心に導入を進めて参りましたが、他の業種の企業からは容量を制限しても価格面を抑えたプランを要望する声が多く寄せられていました。
 その為、より幅広い顧客を獲得するため、低価格で導入できる「セキュアSamba」の新プランを用意しました。
 スターティアでは、今まで導入に踏み込めなかった中小企業を中心に販売を展開していくと共に、よりお客様の要望に合ったサービスを提供していく予定です。 


■リミテッドプラン 料金
 初期費用:31,500円(税込)
 月額費用:15,750円(税込)
 ディスク容量:100GB
 ユーザー数:20ユーザー
 10アカウント追加料 初期費用:10,500円(税込)
 10アカウント追加料 月額費用:3,150円(税込)
 バックアップオプション(リミテッドプラン用) 初期費用:10,500円(税込)
 月額費用:5,250円(税込)


■関連URL: リンク


【スターティア株式会社の概要】
東京都新宿区に拠点を置く、通信機器販売会社。オフィスのインフラを総合的に提案するワンストップシステムを採用し、中小企業のオフィスをトータルプロデュースする。2005年12月東証マザーズ上場。


■『Digit@link(デジタリンク) セキュアSamba (サンバ)』に関するお問い合わせ
スターティア株式会社
経営戦略室 『セキュアSamba (サンバ)』担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル2 階
Tel 03-5339-2240 FAX 03-5339-2104
e-mail:info@startia.co.jp URL:リンク


以 上

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■用語解説
【セキュアSamba (サンバ)とは】
オープンソースソフトウェアSamba(サンバ)を利用したスターティア株式会社が提供を行うファイルサーバーホスティングサービス。社内サーバと同じ利用感覚で、外部とファイル共有が可能。
ディスク容量500GBのエントリーコースで初期費用31,500円、月額費用52,500円(税込価格)。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事