logo

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」への一般からの投稿にみる社会問題『派遣切り』 この1年で派遣に関する質問の傾向は「終了したい」から、「辞めさせられた」「派遣切り」に変化!

2007年には全くなかった『派遣切り』関連質問が2008年には全体の20%以上を占める -“派遣形態”への不信と不安と怒りが顕著にあらわれた結果に -

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)は、Q&Aサイト「OKWave」で2007年12月と2008年12月における「派遣」カテゴリーの投稿内容から、社会問題に発展している「派遣切り」をサイト利用者がどのように捉えているかを分析しました。その結果、2007年12月には全くなかった『派遣切り』に関連した質問が2008年12月には派遣カテゴリー全体の20%以上を占める傾向が見られました。

■2007年12月度と2008年12月度の、OKWave「派遣」カテゴリーに投稿された質問の分類

質問内容の分類/2007年12月/2008年12月

派遣先企業や人とのトラブルに関する質問/14%/11%
派遣社員に対する派遣先企業側からの質問/2%/3%
解雇への不安、解雇・終了など派遣社員の質問/6%/2%
終了したい、期間短縮したいという派遣社員の質問/15%/4%
グッドウィルについて/2%/0%
派遣会社への疑問、トラブル、クレーム/26%/29%
派遣形態への疑問/24%/26%
解雇(派遣切り)された人からの投稿/0%/10%
『派遣切り』に関する投稿/0%/12%
その他/11%/5%

世の中の疑問から個人的な悩みを解決するためにQ&Aを閲覧したり、投稿を行い回答を得る“助け合いの場”となるQ&Aサイトにおける統計結果は、2008年末から社会問題に発展した、『派遣切り』に関するユーザの関心の高さが伺えるデータと言えます。

■「派遣社員からの終了希望者」の質問は1/5に減少!
2007年12月は全体の15%を占めていた「派遣社員から  終了したい、期間を短縮したい」という悩みは、2008年12月には全体の3.8%にまで縮小しており、“派遣社員”の仕事の減少背景が影響された結果になりました。

 「派遣期間の終了につきまして」  リンク
 「今月末で解雇と言われました!」 リンク
 
■新たに社会問題『派遣切り』に関する投稿が多数!
2008年末から社会問題にまで発展している『派遣切り』。
解雇された人からの相談が10%、『派遣切り』に関する疑問や意見が12%と、2007年12月には全く投稿されていなかった質問が投稿されています。

 「派遣社員の怒りって?」  リンク
 「派遣社員の大量解雇」 リンク

■日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」について
リンク
Q&Aサイト「OKWave」は、会員ユーザからの質問に別の会員ユーザが回答する、インターネット上の助け合いの場です。ユーザの好意で知識・経験・知恵を引き出しコンテンツを生成する集合知の仕組みはWeb2.0やCGMそのもの。「OKWave」の1,700万件以上のQ&Aコンテンツは135万人以上の会員ユーザをはじめ、毎月4,100万人以上の閲覧ユーザに利用されています。Q&Aコンテンツの質を管理するCVM(Contents Value Management)を追求した結果、大手ポータルサイトや企業のサポート部門等、100社以上がパートナーサイトとして「OKWave」を導入。2008年11月より、画像、動画、音声を伴ったマルチメディアQ&Aサービスを開始。また、iモード公式版をはじめとするモバイル版(3キャリア対応)やiPhone閲覧版も提供しています。「OKWave」は2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。月間PV5.5億を数え、大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等100社以上にパートナーサイトとして導入しています。更に、その運営ノウハウを応用し、エンタープライズQ&Aソリューション「OKBiz」をはじめFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」を展開。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aの課金市場の創出、ベータオープンした「OKWave」英語版、中国語版を皮切りとした2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事