logo

VISとターボソリューションズ IPテレフォーニーと会話エンジンを統合したコールセンター向けソリューションで協業

ターボリナックスグループのターボ ソリューションズより以下のプレスリリースを発表いたします。

VIS株式会社(東京都港区、代表取締役 向井康成)とターボ ソリューションズ株式会社(東京都文京区、代表取締役 渡邊肇)は、会話型ネット・マーケティング・ツールとオール・イン・ワンIPコールセンター構築ソフトウェアを組み合わせたコールセンター用のASP型ソリューションの開発と販売で協業することで合意しました。

VISは、人工知能に近いパフォーマンスのバーチャル会話をPCや携帯電話で行える会話エンジンを開発し、これをベースとしたマーケティング・ツール「バチャブレイン」を企業向けに提供しています。バチャブレインは、PCや携帯電話の画面に表示されたナビゲーターと一般顧客がチャット形式で「会話」ができる仕組みで、企業ホームページやEコマースサイトで商品検索やナビゲーションを行うシステムです。この双方向の仕組みにより、企業側は一般顧客が話した(入力した)内容をマーケティング情報として活用できます。
ターボソリューションズは、オール・イン・ワンIPコールセンター構築ソフトウェア「InfiniTalk CallCenter+」を開発・提供しており、「バチャブレイン」と組み合わせ1つのソリューションとして提供することで、企業ホームページとコールセンターをシームレスに連携するサービスを実現します。

ターゲットとメリット
「会話」型の最新ネット・ツールと、電話というヒューマン・インターフェイスを組み合わせたこのソリューションは、各種コールセンター業務に最適です。
現状のコールセンターでは、電話をかけてきた一般顧客がどのような状態でどのような情報を求めているかを把握するまでに、オペレーターのインタビューに要する時間が長くなりがちで、人件費、通信費のコストを上昇させるとともに、顧客満足度を下げる要因にもなっています。
「バチャブレイン」と「InfiniTalk CallCenter+」を統合することで、一般顧客の問い合わせ用件は、PC上のバーチャルナビゲーターとの「会話」のなかで事前に処理・分類することができます。これにより、コールセンターへ電話が繋がる際には、問い合わせ内容に適した担当オペレーターへシームレスに繋げることができ、コールしている一般顧客のIDや問い合わせ内容、状態(商品への問合せ、クレーム)を表示した画面をオペレーター側で確認しながら応対ができるため、時間が大幅に削減でき、一般顧客のストレスを減らします。
また、コールセンターサービス時間外にもバーチャルナビゲーターが応対(問い合わせの応対、問い合わせ履歴の蓄積)ができる為、企業側のビジネスチャンスを逃しません。一般顧客にとっては、インターネット上でのバーチャルナビゲーターとの会話により、商品情報や問合せを簡単に行うことができ、企業に直接問い合わせたい場合には、PC画面からシームレスにインターネット電話ができます。

このソリューションは、中小規模から大規模のコールセンターにすべて対応できます。
VISとターボ ソリューションズでは代理店による販売も計画しており、初年度で20件の導入を目指しています。

バチャブレイン製品ページ
リンク

InfiniTalk CallCenter+製品ページ
リンク

※ 記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。