logo

オンポータル・ベッティングは2013年までにモバイルギャンブルの賭け金総額を275億ドルへ押し上げる見込み:Juniper Researchの報告

株式会社グローバル インフォメーション 2008年12月19日 15時00分
From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Juniper Research発行の最新英文調査報告書「Mobile Gambling Casinos, Lotteries & Betting 2008-2013 (Fifth Edition)」の販売を開始いたしました。
モバイルコンテンツに詳しい英国の調査会社Juniper Researchが発行した報告書「Mobile Gambling Casinos, Lotteries & Betting 2008-2013 (Fifth Edition)」によると、モバイルギャンブルサービスに対するオペレーターの姿勢の著しい変化、携帯端末のユーザーインターフェースの改善および特定の市場においてリモートギャンブルを許可する法律の順次導入は、2013年までに携帯電話を利用したギャンブルの掛け金総額を年間275億ドルにまで押し上げる主な要因になると予測しています。また、モバイルくじサービスが主なラテンアメリカおよびアジア市場においてますます展開されていますが、モバイルスポーツ・ベッティングが今後5年間に渡って市場の大部分を占め、世界で4億人近くのユーザーを有し、予測期間の終盤までに高い普及レベルに達すると見込んでいます。

同書によるその他の調査結果:
・モバイルギャンブルサービスの世界市場における利鞘は2008年の1億9200万ドル弱から2013年までには34億ドルへ上昇するでしょう。
・掛け金総額については、西欧が予測期間を通してモバイルギャンブルにおける最大の地域市場を維持しますが、欧州大陸におけるより多くのサービスの展開により、英国の相対的寄与率は著しく低下するでしょう。
・ギャンブルサービスプロバイダーは、発展途上市場における大衆への普及を後押しするため、テキストベースのギャンブルサービスを展開する見込みです。【 英文市場調査報告書 】Mobile Gambling Casinos, Lotteries & Betting 2008-2013 (Fifth Edition)世界のモバイルギャンブル市場:カジノ、宝くじおよびスポーツギャンブル:2008-2013年(第5版)リンク Research出版日2008/11【 本件に関するお問合せ先 】株式会社グローバル インフォメーション〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3アーシスビル 7階担当: 営業1課E-mail:sl1@gii.co.jp電話: 044-952-0102FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。