logo

無料のテレビ会議・Web会議システム「SOBA CITY」(ソーバ シティ)に新機能 テレビ会議・ビデオチャットの部屋をWebページにリンクできる機能をSOBAプロジェクトが提供開始

株式会社SOBAプロジェクトは無料のテレビ会議・Web会議システム「SOBA CITY」が、ブログやSNSなど任意のWebページにリンクして利用できる機能を12月1日にリリースしました。

今回、SOBA CITYを身近なコミュニケーションツールとしてさらにご活用いただくため、以下の機能を新規に追加しました。友人同士やコミュニティ・企業内で広くご利用いただきたいと考えています。今後もお客様のご要望にお応えする充実したサービス提供を目指してまいります。
【セッション登録(URL発行)機能】 SOBA CITYのセッション(部屋)にどこからでも参加できるURLが作成できる機能です。発行されたセッションURLをご自身のWebサイトやブログに貼り付けておくと、そのリンクから直接SOBA CITYのWebサイトを経由することなくセッションに参加できます。今回ブログパーツとして[セッション参加]アイコンをご用意しましたので、すぐに任意のWebページに貼り付けて、リアルタイムに映像や音声を使ってコミュニケーション可能な自分の部屋を簡単にご自身のWebサイトに設置いただけます。
【セッションパスワード(鍵付き部屋)機能】 セッションごとにパスワードを設定できる機能です。パスワードを知っている関係者以外参加することはできません。手軽に仲間内での部屋を作成いただけます。

■SOBA CITY(ソーバ シティ)について>> リンク
SOBA CITYは、SOBAプロジェクトが2006年3月にサービスを開始した完全無料のテレビ会議・Web会議システムです。多人数で映像と音声、チャット・ホワイトボード・Webブラウザ・アプリケーション共有機能を使って情報共有が可能です。現在1万人を超えるユーザがおり、各種コミュニティや企業内の会議でのリアルタイムコミュニケーションにご利用いただいています。
※SOBA CITYをご利用いただくには簡単なユーザ登録と専用ソフトのダウンロード(無料)が必要です。

■ご利用手順
1. SOBA CITYのWebサイトからログイン リンク   
2. ログイン後の左のメニュー [セッション登録] から、「セッション名」と「トピックス」を入力し「セッション登録」ボタンをクリック ※パスワードは必要なら任意に設定
3. 生成されたセッションURLを任意のWebページに貼り付け ※ブログパーツ3パターンのご利用が可能 

■SOBA CITYの動作/推奨環境
OS: Windows Vista・Windows XP SP2以降・Windows 2000 SP4
CPU: Celeron 700MHz以上 Vista PentiumIII 1GHz以上/Pentium4 1.4GH以上
メモリ: 256MB 以上 Vistaは512MB以上 / 512MB 以上、Vistaは1GB以上
ネットワーク環境: ADSL 環境、光回線環境 / 光回線環境 10Mbps以上
対応ブラウザ:Internet Explorer 6.0 SP1,Mozilla Firefox 2.0,Opera 9.0以降
周辺機器:Webカメラ、ヘッドセットまたはマイクスピーカ (ノイズキャンセラー付または
       エコーキャンセラー付を推奨) ※カメラとマイクがなくてもご利用いただけますが、
       ご自身の映像と音声を送ることはできません。

このプレスリリースの付帯情報

SOBA CITYセッション登録(URL発行)機能の利用イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■株式会社SOBAプロジェクトについて
株式会社SOBAプロジェクトは、2000年に発足した産官学共同プロジェクト「SOBAプロジェクト」を母体とするベンチャー企業で、2005年に設立されました。産官学共同プロジェクト時には、京都大学を中心とする5大学(京都大学、東京大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学)と2企業(オムロン、NTTコムウエア)と で「SOBAフレームワーク」の研究を行ってきました。株式会社SOBAプロジェクト ではその成果を引継ぎ、SOBAフレームワークをベースとした各種製品をリリースしています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事