logo

クロスリスティング、PC向け検索連動型広告「レモーラリスティング」を仕様変更

株式会社クロスリスティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:坂本孝治、以下クロスリスティング)はこのたび、PC向け検索連動型広告「REMORA Listing(レモーラリスティング)」の仕様変更を行いました。今回の変更により、これまで以上に使いやすく、また優れた効果を発揮できる広告の出稿・運用が可能になります。
 株式会社クロスリスティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:坂本孝治、以下クロスリスティング)はこのたび、PC向け検索連動型広告「REMORA Listing(レモーラリスティング)」の仕様変更を行いました。今回の変更により、これまで以上に使いやすく、また優れた効果を発揮できる広告の出稿・運用が可能になります。

1、レモーラリスティング 仕様変更の概要

【管理方法の変更】
 アカウント内に新たに、キーワード・広告(広告文、リンク先URL)を管理する「広告グループ」という階層が加わりました。これにより、キーワード・広告をグルーピングして個別に管理・運用することができ、目的やスタイルに応じた使い分けが可能になります。

【コンバージョンの測定】
 新たに、広告の効果を測定できるコンバージョンタグが設定できるようになりました。コンバージョンタグを設定すると、管理画面上で広告のコンバージョン数、コンバージョン率、CPA(1コンバージョンあたりのコスト)を確認でき、より効率的な広告運用が可能になります。

【管理画面の機能拡張】
 管理画面の機能拡張により、新たに管理画面上から以下の操作を行えるようになりました。これらにより、無駄なコストを省き、効果の最大化をスピーディに行うことが可能になります。
・予算設定・・・月別予算に加え、1日あたりの上限予算を設定できます。
・スケジュール機能・・・キャンペーン全体、広告グループごとに開始、停止時期などを設定できます。
・キーワードの単価設定・・・キーワード単価を設定・変更できます。
・ブロックキーワード・・・設定した語を含む広告の露出を防ぐことができます。
・広告文・リンク先URLの追加、差し替え・・・広告文やリンク先URLを追加したり、差し替えたりできます。
・レポート機能・・・キャンペーン全体、広告グループ別、広告文別、キーワード別などで確認できます。

【複数クリエイティブおよび広告文の最適化】
 これまで、1ワードに対して1つの広告文・リンク先URLのみ設定可能でした。今回の変更により、広告グループに対して、3パターンまで広告文・リンク先URLを設定できるようになります。広告文は、検索連動型広告専門のライターが無料でご提案します。
 設定した広告は、クリック率の高いものから優先的に表示させることができるほか、ローテーション表示も可能です。これにより、広告ごとの効果測定が容易に可能となり、効果を高めるためのテストなどに活用できます。

2.今後について
 今後もクロスリスティングは検索連動型広告の機能改善に努め、質の高い広告サービスを提供してまいります。

クロスリスティング配信パートナー一覧
リンク

本件に関するお問い合わせ先
株式会社クロスリスティング
TEL:03-5728-1890
FAX:03-5728-1895
E-mail:info@xlisting.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。