logo

ナイスシステムズ、NICE Perform Release 3.1 を発表

ナイスシステムズ(NICE Systems、NASDAQ: NICE/日本国内拠点: ナイスジャパン株式会社、東京都目黒区、代表取締役:ドロン アイダルマン、以下、ナイスシステムズ)は、本日、新しい機能を追加したNICE Perform Release 3.1の発売を開始いたしました。


NICE Perform は、企業におけるリスク管理マネジメントに対応するためのアプリケーション・スイートです。コンプライアンスおよび企業ガバナンスの主要課題への対応に活用されている対話分析機能やVoIP 環境における拡張性の高い集中録音ソリューションを提供するVoIP Recording Gateway機能などを搭載しています。この度、発表するNICE Perform Release 3.1は、コンタクトセンター、トレーディングフロア、投資銀行、そして一般企業向けに、新しい機能が追加されると共に、既存機能が強化されました。


NICE Perform Release 3.1の主な強化機能は下記の通りです。


● 大企業向け対応:システムの有用性、保守およびインストールの容易さを重点課題とし、新しいシステムレポートやコンフィグレーション・ウィザード、メンテナンスツールを追加。
● インタラクション解析:ファーストコール・レゾリューション(最初の通話で最終的な解決を実現)や通話処理時間の短縮、顧客離れのような課題に取り組むためのエンド・ツー・エンドのビジネスソリューションパッケージにワークフロー、辞書、最良事例の提示機能を追加。
● 支店や営業所での通話録音:ナイスシステムズとシスコシステムズが共同で開発したネットワーク組み込み型録音システム「Network Embedded Logger」を導入することにより、シスコシステムズの「Empowered Branch」環境における通話録音を初めて提供。
● 品質管理:コンタクトセンターの規格であるCOPC に準拠、新しいコーチング能力と高度な評価オプション機能を追加。
● ビジネスの継続性:今回初めて、複数のデータセンターを使用している組織向けに、専用の障害復旧ソリューションを提供。
● サーバーの仮想化:VMware の仮想化ソリューションへの広範囲にわたる対応により、コスト削減と「グリーンIT」へシフトする業界のサポートを実現。


NICE Perform Release 3.1は、2008年9月17日に全世界で同時出荷を開始いたしました。詳しい製品情報については、ナイスシステムズのWeb サイト上にある製品説明資料「What’s New in NICE Perform R3.1 」( リンク Perform Release 3/What%27s New in NICE Perform R3 1_Jul08.pdf)をご覧ください。


商標について:360° View、Alpha、ACTIMIZE、Actimizeロゴ、Customer Feedback、Dispatcher Assessment、Encorder、eNiceLink、 Executive Connect、Executive Insight、FAST、FAST alpha Blue、FAST alpha Silver、FAST Video Security、Freedom、Freedom Connect、IEX、Interaction Capture Unit、Insight from Interactions、Investigator、Last Message Replay、Mirra、My Universe、NICE、NICEロゴ、NICE Analyzer、NiceCall、NiceCall Focus、NiceCLS、NICE Inform、NICE Learning、NiceLog、NICE Perform、NiceScreen、NICE SmartCenter、NICE Storage Center、NiceTrack、NiceUniverse、NiceUniverse Compact、NiceVision、NiceVision Alto、NiceVision Analytics、NiceVision ControlCenter、NiceVision Digital、NiceVision Harmony、NiceVision Mobile、NiceVision Net、NiceVision NVSAT、NiceVision Pro、Performix、Playback Organizer、Renaissance、Scenario Replay、ScreenSense、Tienna、TotalNet、TotalView、Universe、Wordnetはナイスシステムズの商標または登録商標です。その他の商標はいずれも、それぞれの所有者のものです。

用語解説

ナイスシステムズについて
ナイスシステムズは、電話、Web、無線、およびビデオを通じたコミュニケーションから取り出した非構造的なマルチメディア・コンテンツの高度な分析に基づく「対話からの洞察: Insight from Interactions<TM>」ソリューションのリーディングプロバイダです。ナイスシステムズはIPコンタクト・センター、支店営業店、指揮統制センターのための最新ソリューションによりVoIP ベースのコミュニケーション管理をまったく新しいものにしています。ナイスシステムズのソリューションは、組織の意思決定方法に変革をもたらし、業績向上やセキュリティ問題への対応、先進的な企業活動を可能にしています。ナイスシステムズの取引先はフォーチュン100 企業のうち85 社以上を含み、135か国、24,000 社以上に上ります。詳細についてはwww.nice.com/jp をご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事