logo

業界初、コミュニティ監視運用業務の一元管理ツール『Police』の提供開始

株式会社ガイアックスは、ブログ・SNS・掲示板の監視を行うコミュニティパトロールの契約者に対し、業界で初めて一連の監視運用業務を一元管理できる専門ツール『Police』を開発、提供を開始いたしました。

株式会社ガイアックス(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、ブログ・SNS・掲示板の監視を行うコミュニティパトロールの契約者に対し、コミュニティサイトの監視運用業務を一元管理できる専門ツール『Police』の提供を開始いたします。

昨今、コミュニティサイトからのトラブルリスクを管理、軽減のため、多くのコミュニティサイト運営事業者へ「有人での投稿監視」、「通報の受付」、「不正ユーザーへのペナルティの実施」等の監視運用体制の強化が求められています。このような社会背景の中、ガイアックスでは創業以来コミュニティサイトの構築や運営を行ってきたノウハウを元に、業界で初めて一連の監視運用業務を一元管理できる専門ツール『Police』を開発、提供を開始いたしました。
また、ガイアックスの掲示板監視と同時に『Police』を導入いただくことで、コミュニティサイト運営事業者様はコストを抑えた24時間365日の監視運用体制を実現することが可能です。

ガイアックスは今後も『Police』を通して、コミュニティサイトの健全化を推進してまいります。
※現在、特許出願中です。

『Police』の特長は以下の通りです。

● 監視運用体制の準備にかかる時間とコストが最小化
『Police』の最大の特徴は、コミュニティサイト運営事業者様が自社で監視ツールをお持ちでなくても、簡単に監視運用体制をご準備いただけることです。
今まで監視ツールに関する共通の課題は、「監視運用を行うためのノウハウがないまま管理ツールをやみくもに開発してしまう」、「ユーザー側の機能改善に比べ管理側の機能改善には開発の優先順位が下がってしまう」などがありました。しかし『Police』では、運営事業者様がコミュニティサイトと『Police』のデータ連携のためのAPI(Application Program Interface、以下API)開発を行うだけで導入ができるため、最小限の時間的・金銭的コストで、監視ツールを準備することが可能です。

● ノウハウがつまった『Police』だからランニングで発生する運用コストも削減
『Police』は60サイト以上の監視を行う監視チームと、創業以来累計500社以上に大規模コミュニティを提供してきた開発チームのノウハウを詰め込んだコミュニティ監視運用のプロフェッショナルツールです。
従来、監視ツールはコミュニティサイト運営事業者様に各々ご準備いただき、監視員はそれを使って監視をするのが一般的でした。しかし『Police』ではコミュニティの投稿データを、APIを使い『Police』の監視用フォーマットに従い表示し監視用画面を標準化しています。

その結果、監視にかかる時間を抑えることができ、コストの削減につながるため、各コミュニティサイト運営事業者様に監視ツールをご準備いただいた場合に比べ、監視コストを40%程度削減することが可能です。(当社比較)

● 「監視結果管理」から「通報」や「ペナルティ」対応機能など業務を一元管理
『Police』では「表示」「非表示」「保留」などの監視結果を管理し、わかりやすくコミュニティサイト運営事業者様にレポーティングいたします。さらに監視と並行してユーザーからの通報にも対処していく「通報対応機能」、問題投稿を行った不正ユーザーに対して、警告、一定期間ログイン禁止、強制退会等を行うための「ペナルティ対象ユーザー管理機能」を2008年度中に実装を予定しております。

このような一連の監視運用業務を『Police』で一元管理し、コミュニティサイト運営をトータルに支援、コスト削減にお役立ていただけます。


< 『Police』について >

(1) 価格
初期費用: 30万円    ※『Police』使用ライセンス及び監視運用体制構築費
月額費用: 05万円~  ※監視件数によって従量課金となります
また、『Police』のご利用はガイアックスの掲示板監視「コミュニティパトロール」との契約を前提としています。

(2) 機能
『Police』でできることは以下の通りです。
● API連動機能
お客様にはPoliceと連動するAPI部分を開発いただくだけで、監視業務のアウトソーシングを行うことが可能となります。

● 投稿監視及び非表示(削除)機能
API連動により、コミュニティサイトと『Police』にてデータ連携を行います。

● NGワードによる投稿の抽出機能
ガイアックスにて用意しているNGワードを用い、全投稿の中から一部注意が必要な投稿のみをシステム抽出し、抽出結果を有人監視します。

● 監視結果レポーティング機能
『Police』のレポート画面より、過去の監視結果を「表示」「非表示」それぞれを日ごと、月ごとに確認することができます。

● 通報対応機能 (2008年度末に実装予定)
監視と並行してユーザーからの通報を受け付け、内容を監視します。

● ペナルティ対象ユーザー管理機能 (2008年度末に実装予定)
問題投稿を行った不正ユーザーに対して、警告、一定期間ログイン禁止、強制退会等を行うために、監視結果とユーザー情報を管理します。

(3) ご利用ケース
以下のような場合には、『Police』をご利用ください。
・ 今後携帯コミュニティの構築を考えている
・ 現在コミュニティサイトを運営しており、投稿監視の必要性を感じている
・ 自社で掲示板監視を行っているが、現状体制を見直し、コスト削減したい
・ 今後EMAへの申請を検討している


< ガイアックスの監視について >

(1) ガイアックスの監視について
ガイアックスでは、監視のプロフェッショナルチームが掲示板への書き込みを24時間365日有人で監視しています。
現在、50名体制で約60サイト程度の監視を行っており、犯罪予告、他人への誹謗中傷、公序良俗に反する書き込み、個人情報といった違法・有害情報を発見次第、スピーディーに削除などの措置を講じています。

(2) ガイアックスの提案する健全化について
ガイアックスでは、創業以来オンラインコミュニティに専門特化し事業を行っており、過去500社以上とのオンラインコミュニティ企画・構築・運営等の実績を元にサイトのさまざまな観点からサイト健全化への提案を行っております。
『Police』の提供による監視運用体制の強化は、特に注力をしている事業で、EMAが定める「コミュニティサイト運用管理体制認定基準」 に準拠する形で今後も機能を実装予定です。

※ 当社が提供するサービスはEMAが行う審査とは関係ありません。

■ 関連URL
ブログ・SNS・掲示板監視サービス「コミュニティパトロール」
リンク

その他のガイアックスソリューション
リンク

■ 著作権表記
(C) 2008 GaiaX Co.Ltd. All rights reserved.

■ サービス名表記
サービス名:  Police

■ 株式会社ガイアックス 概要(2008年10月末現在)
設立:1999年3月5日
資本金:4億3817万1千円
代表執行役社長: 上田祐司
従業員数:109名
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8F
事業内容:コミュニティサービスの企画・開発・運営及びコミュニティを中心とする各種ASPの提供・コンサルティング
所属団体:社団法人関東ニュービジネス協議会、モバイル・コンテンツ・フォーラム、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)

【お問い合わせ先】
株式会社ガイアックス  オンラインマーケティング部  担当者: 蔵田
TEL:03-5464-0353    FAX:03-5464-0303    E-mail:solution@gaiax.com 
※ @は小文字に変換し、ご利用ください。

このプレスリリースの付帯情報

データ連動イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事