logo

内部統制の実現に向けた統合ログ管理を支援

PC操作ログ収集・解析ソフト「InfoTrace」と統合ログ管理システム「RSA enVision」の連携をパナソニック電工ISが開発したモジュールで実現

パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:河村雄良、以下:パナソニック電工IS)はこのほど、株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田 信夫)のPC操作ログ収集・解析ソフト「InfoTrace(インフォトレース)」と、RSAセキュリティ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山野 修)の統合ログ管理システム「RSA enVision(アールエスエー・エンビジョン)を連携するログ変換モジュールを開発いたしました。これにより、端末操作監視・ログ管理製品で国内シェアNO.1の製品である「InfoTrace」が出力するPCの操作ログを「RSA enVision」に取り込み、管理することが可能となります。
パナソニック電工ISでは、このモジュールと「InfoTrace」「RSA enVision」をあわせ、統合ログ管理ソリューションとして、内部統制や情報セキュリティ強化の対応を進める企業に向けた販売を推進してまいります。

■開発の背景
J-SOX法対応のため、上場企業では経理・人事・顧客情報などの社内データの不正操作や誤りを未然に防ぐ仕組みの整備が急務となっています。これらの社内データの多くはITシステムで管理されており、その操作ログの管理は業務プロセスの正当性の証明、情報セキュリティ強化の側面でも重要視されていますが、各システムのログが一元管理されず、閲覧方法や検索方法も異なるという企業は少なくありません。
統合ログ管理システムは、点在するシステムログの管理を一元化し、さらにはシステムごとのログ管理では難しかった各システムの横断的なログ検索や分析を実現するものとして注目されています。今般パナソニック電工ISが開発したログ変換モジュールは、統合ログ管理システムと、ログ収集・解析ソフトとの連携で、これまで以上に高度なログ管理を行うことにより、内部統制・情報セキュリティの強化を実現いたします。

■導入効果
今回の連携によって得られる効果は以下の通りです。
①統合ログ管理システムにおいてPC操作ログに加え、データが保存されていたデータベースの操作ログや、その他アプリケーションの操作ログなどを横断的かつ相関的に分析することができます。
②定期的にレポートし傾向分析を行うことで、事故を予見し、情報漏洩を未然に防ぎます。
③人為的な操作なく全てのログを一元管理し安全に保管することで、本システムのレポートを内部統制の資料として有効活用できます。
④パナソニック電工ISがパナソニック電工グループで培ってきたログ管理の豊富な運用ノウハウを提供いたします。


■株式会社ソリトンシステムズ、RSAセキュリティ株式会社からのエンドースメント
[株式会社ソリトンシステムズ 代表取締役社長 鎌田信夫]
株式会社ソリトンシステムズは、パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社の「InfoTrace」と「RSA enVision」の連携、およびソリューション販売の発表を歓迎します。
PC操作ログの収集・解析ツールとして高いシェアを誇る「InfoTrace」と「RSA enVision」との連携により、さらに多くの企業の皆様に「InfoTrace」の高度な機能をご活用いただけるものと考えます。


[RSAセキュリティ株式会社 代表取締役社長 山野 修]
RSA enVisionは、社内に散在する様々なネットワーク機器、サーバーやアプリケーションから生成されるログの一元的な管理と分析・レポートを行い、多くのお客様にセキュリティ強化とコンプライアンス対策にご採用いただいています。このたびInfoTraceとの連携により、クライアントPCの操作ログも管理することが可能となりました。
お客さま企業においては、社内のすべてのログを掌握でき、統合的な管理のもとで分析・解析やレポートの定期生成が可能になります。これにより、企業内状況を高い精度で「見える化」し、ITインフラ全体を通したセキュリティ対策、情報漏えい対策、内部統制の遵守にお役立ていただくことが可能となりました。


■InfoTraceとは
「InfoTrace」は、PC操作のログを収集し解析するソフトです。社内の情報に、どのPCから、誰が、いつ、どのようにアクセスをして、どのような操作を行ったかといったログを収集することが可能です。また、収集したログに対してはユーザー名やファイル名などによる絞り込み検索や、レポート出力あるいは情報移動経路のトレース(追跡)が可能です。取得するログ内容の詳細さと、検索条件の豊富さが高く評価され、国内シェア3年連続No.1※となっています。
※株式会社富士キメラ総研「2008/2007/2006ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」端末操作監視・ログ管理ソフト市場における調査より
InfoTrace 価格(税抜き)
InfoTrace 基本パック(サーバー側) 960,000円
InfoTrace Windows Agent(クライアント側)  3,000円/台


■RSA enVisionとは
「RSA enVision」は、企業内のシステムを構成する様々なネットワーク機器、セキュリティ機器、ファイルサーバー、データベース・サーバーやアプリケーション・サーバーなどのIPデバイスから生成されるログを統合的に管理し、分析・解析やレポートを定期的に自動生成する統合ログ管理製品です。アプライアンスのため短期間かつ、容易に導入が可能です。企業が遵守すべき法律やガイドラインに準拠するための強力なプラットフォームとして、全世界で1,300社以上の企業に採用されています。
RSA enVision価格(税抜き)
ESシリーズ 680万円~


■セミナー開催について
両製品の特長を生かした事例や、IT統制のためのソリューションをご紹介します。
「ログデータの活用から始めるIT統制 ログデータは『収集』から『活用』へ! 
~PC操作ログ収集ソリトン『InfoTrace』と統合ログ管理『RSA enVision』の融合~」
日時:2008年11月14日(金) 14:30~17:30
会場:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社 八重洲オフィス 4階セミナールーム
主催:パナソニック電工インフォメーションシステムズ株式会社
共催:株式会社ソリトンシステムズ、RSAセキュリティ株式会社
参加費用:無料
お申し込み・お問い合わせ:リンク


以  上


※本文中に記載されている会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。



■この件に関する報道関係各位お問い合わせ先
総務部 広報・IRグループ 松本・仲本
TEL.06-6377-0100 FAX.06-6377-0833 E-mail:press@ml.panasonic-denkois.co.jp
■この件に関するお客さまからのお問い合わせ先
ネットワークソリューション事業部 (担当:田中 雅弘)
TEL.03-3563-6656 FAX.03-3563-3611

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。