logo

PHPプログラマへの技術認識と労働環境調査(PHPカンファレンス2008)

~ PHPカンファレンスでのPHPプログラマを中心とした関係者アンケート調査 ~

アシアル株式会社(以下アシアル、代表取締役:田中正裕)は、PHPプログラマ、およびその関係者を対象とした「PHPの動向調査」と題したアンケート調査を実施しました。
この結果をアシアルが運営するPHP言語のポータル&コミュニティサイト「PHPプロ!」にて公開いたします。
この調査はPHPプログラマの技術に関する認識、および労働環境の実態の把握を目的とし、PHPカンファレンス2008にて行われたアンケート結果をまとめたものです(有効回答数:156名)。

アシアル株式会社(以下アシアル、代表取締役:田中正裕)は、PHPプログラマ、およびその関係者を対象とした「PHPの動向調査」と題したアンケート調査を実施しました。
この結果をアシアルが運営するPHP言語のポータル&コミュニティサイト「PHPプロ!」にて公開いたします。
この調査はPHPプログラマの技術に関する認識、および労働環境の実態の把握を目的とし、PHPカンファレンス2008にて行われたアンケート結果をまとめたものです(有効回答数:156名)。

----------

この調査結果によると回答者全体の、

  ・約70%が、PHPによるWebアプリケーション開発において何かしらのフレームワークを使用した経験がある
  ・今後使用を検討しているフレームワークの人気順は、CakePHP(47%)、symfony(43%)、Zend Framework(40%)である
  ・90%以上が、開発におけるプロジェクトチームの平均メンバー数は5人以下である
  ・50%以上が、社内での情報共有・コミュニケーションツールとしてWiki、メーリングリストを使用している
  ・40%が仕事の内容に、51%が人間関係に対して現在の職場環境は良いと思っている
  ・33%が年収に、31%が教育環境に対して現在の労働環境で不満を感じている

との回答を得ました。

【PHPの技術に関する認識について】

注目されているPHPフレームワークに関しては、アプリケーションの開発において使用したことがあるとの回答が69%で、前年よりも10%以上増加しました。PHPの開発においてフレームワークの導入が徐々にではありますが、普及していることが分かりました。

現状使用したことがあるフレームワークとしては下記の結果を得ました。

  ・Mojavi   : 24%
  ・CakePHP : 22%
  ・Ethna   : 21%
  ・symfony : 20%

また今後使用してみたいフレームワークとしては下記の結果を得ました。

  ・CakePHP       : 47% (前年32%)
  ・symfony       : 43% (前年33%)
  ・Zend Framework : 40% (前年48%)
  ・Ethna         : 13% (前年25%)

1年間で、知名度、感心がもっとも高まったフレームワークはCakePHP、symfonyの順で、フレームワークとしての定着とプログラマからの期待が伺えます。また、逆に一歩後退したのがEthnaでした。

今回の結果から、CakePHP、symfony、Zend Frameworkへの感心、実績について、3つのフレームワークに大差はなく、新しく導入するにあたって、いずれかで検討しているケースが多いことが伺えます。

JAVAやRubyなど他言語と比較すると、 PHPにはフレームワークについて唯一これというデファクトスタンダードがありませんでした。PHPの場合、当面の間は、デファクトスタンダードの登場はなく、アプリケーションの特徴により、実績・感心がともに高い3つのフレームワークが使い分けて利用されることが予測されます。

【労働環境に関して】

PHPプログラマが就労環境として満足している点として、人間関係(51%)と仕事内容(40%)が高い割合を示しました。昨年実施したアンケートの結果同様、プログラマという職種、仕事内容に対して満足している方が多い傾向を示しました。

逆に就労環境として不満に感じている点としては、年収(33%)と教育環境(31%)が高い割合を示しました。不満をもつ回答者が高い割合を示した年収に関しては、200万以上500万円未満という回答が全体の63%を占め、これらの回答者のうち年収に不満があると回答した割合は9割を超しました。また、年収に満足していると回答した方が9%という結果からも年収には満足できていないことが分かりました。

仕事内容、人間関係に満足してはいるものの、現在の職場環境において年収または教育環境(スキルアップ)に対して不満を抱えており、企業がプログラマを惹きつける上で最も魅力的なポイントは、年収と教育環境ではないかと予測されます。

【その他の調査結果】

  ・PHPプログラミング歴は1年未満が20%、1年以上2年未満が27%、3年以上5年未満が35%、5年以上が15%
  ・PHPのみならず、他言語を含めたプログラミング歴は1年未満が5%、1年以上2年未満が10%、3年以上5年未満が29%、5年以上10年未満が33%、10年以上が21%
  ・一日に書ける平均コード行数は100行未満が13%、100行以上300行未満が31%、300行以上500行未満が28%、500行以上が20%
  ・始業時間は80%が9時~10時と回答
  ・終業時間は19時頃が28%でもっとも多く、その他は回答者により分散、18時前が13%、20時頃が13%、21時頃が15%、22時頃が12%、23時以降が14%と回答

【関連URL】
□ アシアル株式会社:リンク
□ PHPプロ!:リンク
□ アンケート集計結果の掲載ページ:
 リンク
□ お問い合わせ先:PHPプロ!編集部
E-mail: info@phppro.jp / TEL: 03-5875-6862

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。