logo

eラーニングで国内初の多言語版発売                                                     ~SaaS形式でも提供、日英中韓4カ国語対応の管理システム~

株式会社キバン 2008年05月22日 12時30分
From DreamNews

 eラーニング専業の株式会社キバン(東京都千代田区、代表 西村正宏)は、5月22日、eラーニング学習管理システム(LMS)では日本初となる多言語版システム「eLearningManager4U」(eLM4U)を正式発売いたします。

 eラーニングの国際標準規格(SCORM)対応のLMSは、国内に現在15製品ありますが、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で同時に動作するものは、初めてです。近年のアジア各国への事業展開を進める企業やアジア国籍社員の増加に伴った、eラーニングの多言語化ニーズに対応しました。これにより、1つのLMSで国内外のより広範なユーザにご利用いただけるようになります。


 eLM4Uの価格は、社内サーバにインストールして利用するイントラ版が588万円(ユーザ数無制限、標準は日本語のみで、追加は42万円/一言語)、期間貸しのASP版(SaaS型)が月84万円(2,000ユーザ、言語パックは標準装備)。2008年度中に100社、3億円の導入をめざします。

 なお、国内eラーニングの市場規模は、2007年度で590億円、前年度比7.3%増となっており、堅調な伸びを示しています(矢野経済研究所調べ)。




株式会社キバン 



リンク



代表取締役社長: 西村正宏



住所: 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル4F




1998年設立。国内では極めて珍しいeラーニングの専門企業。eラーニングシステムの開発、導入から教材・コンテンツ制作、運用まで総合的に支援する。eラーニングで3つの「日本一」(eラーニングシステム、eラーニングコンテンツ、eラーニング専門家数)を保有している。





eLearningManager4Uについて



「eLearningManager4U」は、外務省・防衛省等の中央官公庁、大手生保や金融機関を含む豊富な導入実績を元に生まれたLMSです。国際標準規格SCORMに完全準拠、日本eラーニングコンソーシアム(eLC)より最高レベル(LMS-RTE3)のLMS認証を取得、米国ADLにも製品登録しており、導入/運用トラブルのリスクを最小限に抑えられます。これまで15万ユーザー以上にご利用いただいております。






本件に関するお問い合わせ先



Tel: 03-5812-7500  Fax:03-3837-1363



携帯:090-2962-1024、090-2961-1024



Email: info@kiban.co.jp



(担当:加藤、片田、梁)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事