お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウルシステムズとケアブレインズ、NECとSaaS分野で協業

「SaaSイノベーションプログラム」パートナーに参加

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)と株式会社ケアブレインズ(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:内田 隆平、以下 ケアブレインズ)はこのたび、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:矢野 薫、以下 NEC)とSaaS分野で協業し、NECが提供する「SaaSイノベーションプログラム」(注1)に参加したことを発表いたします。

昨今の技術革新により、システム構築やハードウェア・ソフトウェア費用のあり方が大きく変わりつつあります。特にお客様がIT資産を持たず、必要に応じてサービスとして利用していくSaaSへの期待が日本でも高まっており、今後急速に普及していくことが予想されます。

このような流れを受け、ウルシステムズとケアブレインズは、NECとSaaS分野で協業し、大きく市場を開拓していくことにしました。ウルシステムズは、お客様システムのSaaS対応やSOAによる再設計などの今後増大する市場ニーズに対応し「SaaSテクニカルパートナー」としてサービスインテグレーション技術を使った上流設計及びコンサルティングを提供していきます。また、ケアブレインズは「SaaSアプリケーションパートナー」としてNECのSaaS基盤にSugarCRM®(注2)を提供し、コマーシャルオープンソースによる最先端のSFA及びCRMソリューションを展開していきます。

用語解説

(注1)「SaaSイノベーションプログラム」
NECがSaaS事業を本格化するために2008年3月24日に新たに開始したパートナーのSaaSビジネス化を促進する支援制度。「SaaSアプリケーションパートナー」「SaaSテクニカルパートナー」「SaaSプラットフォームパートナー」の3タイプで構成されている。
詳細はこちら>> リンク

(注2)「SugarCRM®」
米国SugarCRM Inc.が開発し、オープンソース開発コミュニティをベースに進化を続ける高機能で低価格かつセキュアなオープンソースCRM(顧客関係管理)ソリューション。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。