お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

究極のパワーと安定性 Antec NeoPowerBlue発売! 80PLUS認証取得の着脱式ハイパワーモジュラー電源 ~省電力(高効率)、安定、出力、静音、頑丈を併せ持つAntec最高峰の電源です~

Antec正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル
(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島 義之)は、究極の
パワーと安定性、清涼感のあるブルーLEDを搭載した着脱式
ハイパワーモジュラー電源Antec NeoPowerBlue(ネオパワー
ブルー)を2007年10月13日より、全国のPCパーツ専門店にて
発売開始いたします。

NeoPowerBlue(ネオパワーブルー)は、80 PLUS認証を取得
した着脱式の高効率静音ハイパワーモジュラー電源です。3つの
独立した+12V出力回路を備え、電圧フィードバック回路及び
±3%の厳密な負荷レギュレーションにより、究極のパワーと安定
性を発揮いたします。清涼感のあるブルーLEDを搭載しています。

ファンノイズとファン冷却の最適なバランスを保つために、高度な
温度反応システムを内蔵しています。12センチの静音ファンは、
負荷と状況に応じて、最適な回転速度で動作し冷却と静音を両立
します。ノイズレベルは、18dBA以下と非常に静かです。さらに
モジュラーケーブルとアドバンストケーブルマネジメントシステム
により、ケーブルの混線を無くしクリーンなエアフローを実現いたし
ました。

80PLUSとは、電源変換効率が80%以上の製品に対して発行
される認証です。通常の電源よりも効率性が33%以上高く、低
発熱でファンノイズも抑えられています。無駄な電力の消費を抑え
、電気料金も節約できます。

最新のIntel及びAMDのデュアル/クアッドCPUやサーバレベルの
プロセッサー要求に対応するメイン20/24ピン電源コネクタ、CPU
補助4ピン+12V電源コネクタ(ATX+12V)、CPU補助8ピン+12V
電源コネクタ(EPS+12V)を備え、最新のATX12V Ver.2.2及び
EPS12V Ver.2.91に準拠しています。さらに次世代規格の8ピン
PCI Express電源に対応する6ピン+2ピンPCI Express電源コネ
クタを採用しています。

NeoPowerBlueは、高レベルの安全を実現するために工業用グレ
ードの保護回路を搭載しています。OPP(過負荷保護)、OVP
(過電圧保護)、SCP(短絡保護)、UVP(電圧不足保護)により
負荷による損傷を防止いたします。また最も古く安全規格の最高
権威である米国のUL規格やカナダのCUL規格、ドイツのTUV認定
など世界最高水準の安全性認証(UL、CUL、FCC、TUV、CE、
C-tick、Class B、CCC、CB)を取得しています。24時間50℃の
厳しい環境下でも定格出力と MTBF8万時間の耐久性を実現
しています。

製品ラインナップは、NeoPowerBlue(出力:650W)の1種類です。
本体には、12センチファンを搭載しています。電源コネクタ数は、
メイン24ピン電源コネクタ×1、CPU補助4ピン電源コネクタ×1、
CPU補助8ピン電源コネクタ×1、6+2ピンPCI-E電源コネクタ×1、
6ピンPCI-E電源コネクタ×1※、SATA電源コネクタ×4※、ペリ
フェラル電源コネクタ×6※、FDD電源コネクタ×2※です。

本体サイズは150(幅)×150(奥行)×86(高)mm。重さは2.3kg。
保証は、Antec Quality5年間保証が提供されます。人と環境と
お財布にやさしいアクティブPFC、RoHS適合、80PLUS認証、SLI
認可を取得しています

※コネクタ数は、利用するモジュラーケーブルにより異なります。
最大のコネクタ数です。



■ NeoPowerBlue 製品特徴
・最新のデュアル/クアッドコアCPU対応
・専用電圧出力回路を搭載!3つの+12V出力
・12センチの静音ファンで静かに強力に冷却
・アクティブPFC搭載、ユニバーサル入力に対応
・着脱式ケーブルマネージメントでエアーフロー改善
・高レベルの安全、工業用グレードの保護回路搭載
・世界最高水準の各種安全性認証を取得
・強固な耐久性!50℃環境下で定格出力&8万時間
・高い通導性/耐久性の金メッキコネクタ採用
・人と環境とお財布にやさしい、80PLUS認証取得
・NVIDIA SLI認可テストに合格
・RoHS適合、環境にやさしい電源
・Antec Quality 5年間保証



▼より詳しい情報はこちらをご確認ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

NeoPowerBlue

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。