logo

日本アバイア、コンタクトセンターおよび一般企業向け SIP対応自動音声応答ソリューションを提供開始

~開発費用を抑えながら顧客満足度の高い自動音声応答ソリューションを構築可能 に~

日本アバイア株式会社(東京都港区赤坂2-17-7、代表取締役社長:藤井克美)は本
日、コンタクトセンターおよび一般企業向け自動音声応答(IVR:Interactive Voice
Response)ソリューションの新バージョン「Avaya Voice Portal 4.0」を提供開始し
ます。

「Avaya Voice Portal 4.0」は、従来のH.323に加えて新たにSIP(Session
Iniciation Protocol)に対応することで、企業におけるSIP環境に対応すると同時
に、ネットワークと施設に要するコストを削減できます。SOA(サービス指向アーキ
テクチャー)に対応しているため、動画などのマルチメディア対応や、ビジネス・ア
プリケーションとの連携がしやすいことが特長です。これにより、企業は、既存の
Webサービスと同等のサービスを自動音声応答ソリューションで提供し、顧客満足度
を向上できます。また、既存のWebサービスと同じインターフェースを使用できるた
め、開発費用を抑えることができます。将来的には、同ソリューションにより、顧客
の携帯電話に動画を送信するIVVR (Interactive Voice and Video Response)ソ
リューションも開発可能です。

日本アバイアは、同時に、Solarisベースの自動音声応答ソリューションの新バー
ジョン「Avaya Interactive Response 3.0」およびIVR開発ツールの新バージョン
「Dialog Designer4.0」も提供開始します。価格はオープンです。開発支援プログラ
ムDeveloperConnectionのメンバー企業はDeveloperConnection Webサイト
リンク から無償で「Dialog Designer」をダウンロードでき

す。

コンタクトセンターや企業における自動音声応答システムの利用が一般的になる中、
電話取次ぎの自動化に加えて、Webサイトからの問い合わせにも電話と同じレベルで
対応するサービスが求められています。日本アバイアは、Webサービスと自動音声応
答サービスの統合が可能なIPベースの自動音声応答ソリューションを提供すること
で、Webと電話での問い合わせに対して一貫したサービスを提供するシステムの構築
を支援します。これにより、企業は、Webアプリケーションへの投資を利用してボイ
スポータル環境(音声によるアクセスで情報を検索できるサイト)を構築できます。

アバイアは、ガートナー社が発行したIVRおよびエンタープライズ・ボイスポータル
分野における最新のマジック・クアドラント・レポートで、リーダー・クアドラント

位置付けられています*1 。IVRシステムおよびエンタープライズ・ボイスポータル分
野のガートナー・マジック・クアドラントの詳細については、
リンク
をご覧ください。

今回提供開始する製品の特長は下記の通りです。

「Avaya Voice Portal 4.0」は、マルチサイト管理やセキュリティー機能の強化、ア
ウトバウンド Web サービスのサポートが可能になりました。1システムあたり最大
2,000ポートをサポートし、高い拡張性を提供します。Red Hat Linux Enterprise
3.0が動作する汎用サーバ上で動作するため、「Avaya Interactive Response」と比
較して導入費用を抑えることができます。最新の音声認識アプリケーション「Nuance
9」に対応する予定です(2007年秋頃対応予定)。VoiceXML2.1 、ccXMLをはじめとす
る業界標準の開発言語に対応しています。

「Avaya Interactive Response 3.0」は、Solarisベースの自動音声応答アプリケー
ションで、顧客データを元にルーティング可能なマルチチャネル対応のアプリケー
ション「Avaya Interaction Center」やアウトバウンドシステムの「Avaya
Proactive Contact」 との連携がしやすいコンタクトセンター向けソリューションで
す。また、Sun Microsystems社のサーバ「SunFire v245」に対応し、パフォーマンス
が向上しました。最新の音声認識アプリケーション「Nuance 9」に対応する予定です
(2007年秋頃対応予定)。

「Dialog Designer4.0」は、オープンソースのEclipseのアドオンとして提供される
VoiceXMLスピーチアプリケーション開発環境です。「Avaya Interactive Response」
と「Avaya Voice Portal」両方のコールフローの構築が可能です。本バージョンよ
り、SIPに対応しました。また、IBM社のWebSphereに加えてBEAシステムズ社の
WebLogic上でも動作します。

*1*1 出典:Magic Quadrant for IVR Systems and Enterprise Voice Portals,
2006. Steve Cramoysan, Bern Elliot and Drew Kraus. Gartner Inc. 5 December
2006. GJ07269.
リンク



アバイア(Avaya Inc.)について  
アバイア・インク(本社所在地:米国ニュージャージー州バスキングリッジ、NYSE:
AV)は企業の競争優位性の実現を支援するインテリジェント・コミュニケーション・
ソリューションを提供しています。アバイアのIPテレフォニー、ユニファイド・コ
ミュニケーション、コンタクトセンター向けソリューション、
Communications-Enabled Business Process(CEBP)ソリューション*は、FORTUNE
500R社の90%を含む世界の100万社以上の企業に採用されています。また、アバイア・
グローバル・サービスはあらゆる規模の企業に包括的なサービスとサポートを提供し
ています。
詳細は、アバイアのWebサイトリンク をご覧ください。
日本アバイアについては、リンク をご覧ください。

* CEBPは、ビジネスの遂行に必要とされる関係者のコミュニケーションを自動化する
ことで、業務効率やサービス品質の向上を支援するソリューションです。

※AvayaおよびアバイアのロゴはAvaya Inc.の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。