logo

The Compass特別セミナー開催「アメリカの放送市場:2009年2月に迫ったアナログ放送終了のインパクト」

地上波放送事業者、多チャンネル(再送信)事業者、家電機器ベンダーに及ぼすインパクトを分析

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、米国NSIリサーチ社と株式会社データリソース(代表取締役 佐々木 浩 東京都港区)が開催するThe Compass特別セミナー「アメリカの放送市場:2009年2月に迫ったアナログ放送終了のインパクト」の販売を開始いたしました。

報道関係者各位

平成19年4月25日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
The Compass特別セミナー開催
「アメリカの放送市場:2009年2月に迫ったアナログ放送終了のインパクト」
~地上波放送事業者、多チャンネル(再送信)事業者、
              家電機器ベンダーに及ぼすインパクトを分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、米国NSIリサーチ社と株式会社データリソース(代表取締役 佐々木 浩 東京都港区)が開催するThe Compass特別セミナー「アメリカの放送市場:2009年2月に迫ったアナログ放送終了のインパクト」の販売を開始いたしました。

詳細ページ: リンク


■■ 講座の概要 ■■

◆2007年はデジタル化への重要な年

アメリカのアナログテレビ放送は2009年2月17日で終了します。デジタル放送への移行を完了させる為の期間は2年を切っています。
この移行を成功させる為には、今年中に主要な課題への対応を完了する必要があり、2007年はデジタル化への重要な年となります。

このセミナーではアナログ放送の終了が地上波放送事業者、多チャンネル(再送信)事業者、家電機器ベンダーに及ぼすインパクトを分析します。


■■ 講座の特徴 ■■

1.講義は米国のデジタル放送移行の状況の報告だけでなく、移行が及ぼすインパクトを分析します
2.背景を理解する為に、デジタル放送への移行に関わる市場、規制等の環境等を説明します
3.地上波放送局の動きだけでなく、その番組を再送信するケーブルTV等の多チャンネル事業者に対するインパクト、それに家電機器ベンダーへのオポチュニティーを分析します
4.米国に在住し、この市場の調査を専門としているアナリストによる講義

<こんな方にお勧め>
・日本における放送のデジタル化の動きを把握して行く上で、米国の状況、相違点を理解したい方
・米国の放送事業者に対して製品を販売していく為に市場動向を理解したい方
・デジタル化がデジタルTV、STB等のコンシューマ製品に及ぼすインパクトを理解したい方


■■ The Compassご契約者は無料ご招待 ■■

The Compass〔年鑑報告書(2006年版)+マンスリーレポート(年間購読権)〕をご契約中の方は本セミナーに無料でご招待いたします。お申し込みページの銀行振込のメニューより「無料ご招待」をお選び下さい。

また、受講後にThe Compass〔年鑑報告書(2006年版)+マンスリーレポート(年間購読権)〕のご契約をご希望の方は、1万円(税抜)割引でお申し込みいただけます。

 ・セミナーとThe Compass(1万円割引)のお申し込みはこちら
  リンク

 ・The Compassについて
The Compass はNSIリサーチ社とデータリソース社が提供する米国のデジタル・ブロードバンド放送産業の年間情報サービスで、月1回発行のマンスリーレポートと年1回発行の報告書で構成されています。調査は米国シリコンバレーの IT 専門調査会社、NSIリサーチ社が行い、日本語で出版されています。
ブロードバンドとディジタル化の波は米国の放送業界にどのようなオポチュニティーを与え、どのような問題を投げかけ、そして市場はどういう方向へ向かうのか?The Compassは動きの激しい市場の最新動向を提供しています。
 >>詳細はこちら
  リンク


■■ 講師プロフィール ■■

■講師:Ted 若山(NSI Research 社)

カリフォルニア州シリコンバレーを拠点にする調査コンサルティング会社NSIリサーチ社の社長。放送とIT分野を専門とし、放送分野ではThe Compassと呼ばれる日本語による米国の放送市場を分析する調査サービスを提供している。

1987年にNSIリサーチ社を設立。それ以前の1984年から1987年までは米国のエレクトロニクス分野の調査コンサルティング会社、ストラテジック社の調査部長であった。


■■ 講座の内容(予定) ■■

1.アナログ放送の終了
 a.デジタル化への移行状況
 b.TV視聴世帯の内訳
2.地上波放送事業者へのインパクト
 a.再送信規制
 b.マルチキャスト
3.多チャンネルTV事業者へのインパクト
 a.デジタル放送の再送信
 b.アナログケーブルTVのデジタル化の問題
4.家電ベンダーへのオポチュニティー
 a.世帯のTV設置状況
 b.DTVコンバーターボックス市場
 c.多チャンネルデジタルSTB市場
 d.ケーブルTVのSTB市場開放の影響


■■ 開催概要 ■■

◆セミナー名:
「アメリカの放送市場:2009年2月に迫ったアナログ放送終了のインパクト」

◆日時・会場:
 2007年5月16日(水) 14:00~17:00 (受付 13:30~)

◆会場:「クロスヘッド セミナールーム」
     東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー 7F
     TEL:03-3560-1368
<地図> リンク
 ※会場は変更の可能性がございます。

◆受講料:
 【1名様】 10,500円 (税抜 10,000円+消費税 500円)
 ※The Compass〔年鑑報告書(2006年版)+マンスリーレポート(年間購読
 権)〕をご契約中の方は本セミナーに無料でご招待いたします。
 また、受講後に上記サービスのご契約をご希望の方は、1万円(税抜)割引
 でお申し込みいただけます。

 ・The Compass詳細はこちら
  リンク

 ・セミナーとThe Compass(1万円割引)のお申し込みはこちら
  リンク

◆定 員:先着25名様
 ※定員となり次第締め切らせて頂きます。

◆お申し込み方法
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、下記ウェブサイトよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

※お申し込みに関する注意点をご了承された上で、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------
・ウェブサイト : リンク
・e-mail    : info@shop.ns-research.jp
・TEL/FAX   : 03-3560-1368 / 03-3560-1330
----------------------------------------------------------

◆お申し込みに関する注意点

<キャンセルに関して>
・お客様のご都合によりキャンセルされる場合はキャンセル期限までに、下記お問い合わせ窓口までメールと電話でご連絡下さい。その後のキャンセルについてはお申し受けできませんのでご了承下さい。

・キャンセル期限を過ぎてからお客さまのご都合で講座にご参加頂けなくなった場合やセミナー開催前にご入金をいただけなかった場合も、セミナー受講料は全額お支払い頂く事となりますのでご了承下さい。

ご入金期限/キャンセル期限:2007年5月9日(水)

<ご出席に関して>
※受講料は期日までに弊社指定の口座までご入金下さい。
ご入金確認後、弊社より「受講票」をメールにてお送りいたしますので、開催当日にプリントアウトしてご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」をお持ちでない場合、講座への参加ができないことがあります。ご注意下さい。

<開催中止の場合に関して>
※講座の参加人数が規定の数に達しなかった場合、講座は中止となります。その際は、お支払いいただいた受講料は返金いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

◆セミナーにご持参頂くもの
・受講票
・筆記用具


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11 新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事